こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

EMプリン石鹸をママ友からもらって使ってみたら、しっとりするし、結構いい感じ♪

簡単に作れるから自分でつくり始めたので、今回はEMプリン石鹸を作り方を紹介します。

作ったEMプリン石鹸を、chayo家では子供の上履き洗いや、泥んこ服や水着を洗う際に愛用中。

他にも体を洗うのにも使っているし、パパリンは髭剃りにも愛用してます♡

ちなみにママ友から作り方も教えてもらったんだけど、その方法では固まらなかった。結局は湯船で温めたら、翌日にちゃんと固まったけど、あの時は焦ったわ~。

EMプリン石鹸の材料

500mlの空ペットボトルで作っているから、その分量です。

  • 粉石けん 50g
  • EM活性液 10cc(ペットボトルの蓋で2杯)
  • 500mlの空ペットボトル
  • お湯 (30~50℃。chayoは40℃)

EM活性液ではなく、米のとぎ汁EM発酵液 50ccでもOK!

ママ

米のとぎ汁EM発酵液やEM活性液を入れなくても、一般的な「プリン石鹸」になるだけだから、洗剤とお湯だけでもOKだよ!

おすすめ粉洗剤はスノール!

もともとEMプリン石鹸でおすすめされていた粉石けんは、EM粉石鹸。でも平成30年に販売終了していて、その代替え商品が粉石けんスノールです。

ってことで、chayoはスノールを使っています。

ただしスノールは粉が小さいから、空気中に舞ってしまうから、むせやすい。だから食品がある台所ではなく、洗面所で作ってます。

むせやすい人は、マスク着用をマジでおすすめします。

EMプリン石鹸の作り方

  1. 空ペットボトルを水洗いする
  2. 粉石けんをペットボトルに入れながら、50g測る (口が狭いからジョウゴを使ってます)
  3. EM活性液をペットボトルに入れる (ペットボトルの蓋2杯分)
  4. 40℃のお湯を、ペットボトルの7分目くらいまで注ぐ
  5. 菜箸でクルクルとかき回し、固まった粉石けんを溶かしていく
  6. ペットボトルの満タンまで、お湯を注ぐ
  7. 蓋をしてから、固まるまでしばらく待つ。その間、ときおりペットボトルを振って粉石鹸が溶けるようにしてます
  8. ぷるぷると固まれば、完成!だいたい翌日には固まるよ
  9. chayoは100均のボトルに入れて使ってます。これなら手も汚さずにサッと使えて、便利♪

chayoは保管がしやすいのと、100均のボトルに移し替えがしやすいから、ペットボトルで作ってます。

粉石けんが底にたまることもあるけど、固まるまでに蓋をしてシャカシャカ振ったり、コロコロ転がせば、ダマもなくなるよ。

ただタッパで作ったほうが粉石けんがお湯で溶けやすいから、タッパで作るのも良いと思う。そこらへんはお好みで(‘ω’)ノ

お湯の温度や粉石けんの種類でプリン洗剤の柔らかさが変わるよ!

調べると使うお湯の温度や粉石けんの種類で、プリン洗剤の硬さが変わるとのこと。

だいたい使うお湯は30~50℃程度。chayoは給湯器を40℃設定で、最初に作ってみたら良い感じだったから、40℃で作ってます。

ちなみに柔らかさとかで、EMプリン石鹸の洗浄力は変わらないとのことだよ(‘ω’)ノ

EM菌にお湯は良いの?

EM活性温度はよく分からないけど、EM菌は37~40℃が大好きとのこと。

またEM活性液を作り方を紹介するサイトでも、水温は37~40℃の方が成功しやすいとあって、お湯をオススメしている。

だからEMプリン洗剤を作るのも、水ではなくお湯の方がEM菌にも良いよ!

1リットルでも作れるよ!ただ時間はかかるよ

chayoは面倒くさい性分なのもあって、500mlペットボトルだけじゃなく、1リットルのペットボトルでも作ってます。

材料は500mlの時の倍量。

写真の右が1リットルで左が500mlだけど、写真のようにペットボトルの底にダマダマができやすいし、固まるのに時間がかかります。

でも固まる前にペットボトルを振ったり、コロコロしたり、逆さにしたりすれば、ダマも無く、ちゃんと固まるよ。

ただ写真でも500mlは固まっているのに、1リットルは固まってない。500mlは1日でできるのに、1リットルでは2日かかるよ!

EMプリン石鹸が固まらない?固める方法は??

最初にママ友から教えて作り方は、お湯ではなく、水を注ぎ入れて作る方法でした。

でもそれだと1日経っても、全然固まらなかった…。しかも底に粉石けんの大きな固まりがあって、「どうしよう、コレΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)」状態。

ググったところ、温めると良いと知って、お風呂にドボン!その日は、EMプリン石鹸と一緒に入浴しました(笑)

温めたことで中の粉石鹸がしっかりと溶けて、翌日にはしっかりと固まりました(^^♪

他にもEMプリン石鹸が固まらない原因として、使う粉石けんに炭酸塩が含まれていないこともあるよ。その場合はセスキ炭酸ソーダーを加えてね。

EMプリン石鹸の使い方

EMプリン石鹸はドロッとしていて、プルプルとした不思議な感触。

chayoの娘はこれで体を洗うのが好き!「ネバネバ~」と言いながら、体につけて、洗ってます。

ちなみの多くの家庭では、部分汚れや油汚れを洗うのに使っている模様。

  • 子供の上履きを洗う
  • 子供の泥んこ服や水着を洗う
  • 襟や脇の汗ばみなど、気になる部分に直接つけて少し揉む。少し放置してから手洗い
  • 洗面所とかの赤カビや黒カビ(水回りのカビ)を洗う
  • 換気扇、ガスレンジの油汚れを洗う
  • 体を洗う
  • パパリンは髭剃りに使うのがお気に入り (意外にしっとり)

chayo家では、こんな使い方もしてます(‘ω’)ノ

  • シャンプー代わりに髪を洗う
  • 洗顔に使う
ママ

chayoは肌が強いし、どちらかといえば脂性肌だから、洗顔にも使ってます。ただ肌が弱い人は注意してね!

EMプリン石鹸のまとめ

EMプリン石鹸は簡単に作れるし、コスパも安い。それでいて、いろいろ使えるから、おすすめだよ!

どうやら某テレビ番組でプリン石鹸が紹介され、その時に衣服の部分洗いや掃除におすすめされていたとのこと。

chayoも子供の上履き洗いや、水着洗いとか、手洗いするときにEMプリン石鹸を愛用しています。

でもそれだけじゃなく、体を洗うのにも使ってるよ。

洗っているときは「しっかり」洗えている感がでる。でも洗いあがりは、意外にしっとりだよ(*^-^*)

ただEMプリン石鹸が目に入ると、激しみるから、要注意! (※洗っているときに子供に呼ばれて目をあけざるをえなくなったら、目にしみて半泣きになった)

ちなみにママ友に最初に教えてもらった時も、「体を洗うのに良いよ」とアドバイスされたし、体洗いにもおすすめです。意外にヌルヌルだし、楽しいもんです。

ただ保育園の娘は親の目を盗んで、せっかくのEMプリン石鹸を遊んで、ボトルを空にしたことあるから気を付けて!

またパパリンはEMプリン石鹸を髭剃りに愛用。このぬるぬる感が、良いそうです。

意外にEMプリン石鹸は、いろいろ使えます♡

しかも作り方は紹介した通り、お湯で溶かすだけだから、簡単です。

 

尚、最初にママ友からEM菌も入れると教えてもらったからchayoは入れているけど、一般的にはEM菌なしの「プリン石鹸」が主流のようです。

だからEMはなくてもOK!chayoはEM活性液があるから入れているけどね。一度お試しあれ(*^-^*)