去年K原さんにいただいた赤えんどう豆を使って、豆ごはんを作ってみたら、お赤飯みたいにモチモチで美味しい♡

しかもK原さんから種をありがたくいたただいたので、こうして今年はお庭で育てました!赤豆ごはんはおにぎりにしても美味しいんで、お弁当にもおすすめですよ☆

赤えんどう豆を収穫&下処理

赤えんどう豆が、ホラ、たっぷり収穫できました♡

赤えんどう豆は、真ん中あたりをひねれば、こんな風に簡単にパカッと開きます。で、豆だけを収穫!サヤは固いんで、捨てます。

ただあんまり早く収穫しちゃうと、こんな風にお豆ちゃんが緑色なんで、ちょっと膨らんだ位の方が赤くなっているから、そうなってからがオススメ!ただ我が家の場合、猿が来て荒らしていくんで、早く取らなくちゃいけないんだけどね(-_-;)

ちなみにたくさんとれて余ったら、ジップロックに入れて、冷凍しておくと便利♪しかもね、冷凍しても豆がくっつかないから、必要な分だけ、その都度使えます♡さて、これで下処理は終わりです。

赤えんどう豆ごはんの材料

  • 赤えんどう豆 適量 (私は2掴み分たっぷり♡)
  • 米 2合
  • 酒 大さじ2
  • 白だし 大さじ4

赤えんどう豆ごはんの作り方

  1. お米をとぐ
  2. 酒、白だしを入れてから、水を入れて、2合分の水加減に調節する
  3. 赤えんどう豆を入れて、炊く
  4. 炊けるとこんな感じ。ご飯がお赤飯みたいでしょ?
  5. 豆をご飯と混ぜて、完成♡

最初はこんぶを入れて炊いていたけど、これなら白だしでも良いかも!?と思って試してみたら、これがアタリ!白だしだと塩気がちょうど良いんですよ。塩気が少ない方が好みなら、白だしの量を減らしてね。

また赤えんどう豆を使ったレシピとして、豆かんが美味しいんで、オススメ。豆かんは、パパリンのお気に入りです♡

赤えんどう豆の種とり

赤えんどう豆の種とりは簡単で、収穫した赤い実の赤えんどう豆を、お菓子をいれているようなカンカンに入れておけばOKとのこと!自家製はやっぱりおいしいんで、種とりしておくのが、オススメ!

ちなみに我が家もやろうと思っていたのに、実家へ帰省している隙に、全て猿にとられていた…( ;∀;)一応それを心配し、実は収穫しておいたけど、そのせいで種はとれず…。

おのれー、サルめ!今度、石投げてやる<(`^´)>(←※地面から拾った石を投げると猿がマネするから、ポケットから石を取り出して投げてね)

スポンサーリンク