スポンサーリンク

大垣市は可燃ごみを出す時の数制限が厳しい。娘のオムツが毎回捨てられない!!

私たちが移住した上石津は、岐阜県大垣市です。で、困っているのは、可燃ごみの捨て方。今まで住んでいた市の多くが、指定の可燃ごみ袋に入れて捨てていました。しかし大垣市では、袋の指定は無し。その代わりに、可燃ごみのシールを貼って、出します。

この可燃ごみのシールは、家族の世帯人数で決まっています。尚、シールは有効期間1年間。

1人 2~3人 4~5人 6~7人 8人以上
80枚 90枚 120枚 130枚 140枚

私たち家族は3人(+愛犬ちゃん)。すると、年間90枚しかもらえないんです。で、なにが困るかというと、2歳の娘のオムツ!年は52週。で、可燃ごみは週2回。毎回出していると、104回!あっとう的に足りません。尚、足りない場合は、買えますが、その場合は1枚150円!高すぎです。

また「乳児用シール」がありますが、なんとこの乳児用シール。0歳児にしかもらえません!!出生届け。又は転入届の時に、50枚も貰えるらしいですが、0歳児だけなんです。私たちが転入したとき娘は2歳だから、当然NG!!で、「紙おむつしているから足りません。困ります!」と市の支所に訴えてみたけど、ダメでした。これじゃぁ、1歳や2歳の子供がいる家庭に、酷過ぎ~ヽ(`Д´)ノ

まぁ、今まで問題にならなかったのも、この乳児シール。使用期限ないんです。だから、ずっと住んでいて赤ちゃん産んだ家庭は困らないだろうけど、私たちみたいに途中から転入した家庭にはねぇ。厳しいです…。

生ゴミだったら、コンポストを活用するなど対策はとれますが、オムツはねぇ。”早くおむつ離れしろ”ってことかもしれませんが、ウチの娘。言葉の発達が遅く、まだまだ、とれそうもありません。最近なんて、「マーマー」も言ってくれません。これで「うんち」「おしっこ」は、ハードル高すぎです。

ってうか、焦ってると、イライラしちゃうだけ。ママが大変になるだけ、って聞きますし。ただでさえ、魔の2歳児。ヤンチャ娘でイライラしっぱなしなので、これ以上は神経に悪すぎです。っていうか、先に言葉の発達を促がす方が先決だし。まぁ、一応、今年の夏からトイレトレーニングはする予定ですけどねぇ(夏が始めるのに最適とのことなので)。

滑り大好きな娘
滑り台ブームの娘。早く話してね。ママは「アー」だけじゃ、何を訴えているか、わかんないよ

ただ地域の人にこの話をしたら、無料シール。余ったら頂けるとのこと。本当にありがたい!!なんか周りに助けられてばかり。感謝、感謝!!でも行政には、動いて欲しい。1歳、2歳時の転入者にも、乳幼児シール欲しい!!50枚じゃなくていい。枚数少ないてもいいから、欲しい!!

しかも上石津は下水が超高いんです。基本料金+世帯人数なんですが、0~1歳児は人数にカウントされませんが、2歳児はカウントされます。しっかり下水料金は、大人分とられるんです。1,296円/2ヶ月です。これ、納得できません!(2歳でオムツとれる子もいるけど)3歳児からにして欲しい。

ってことで、この声をあげようと、移住する時に、超お世話になった区長さんに、この話をしました。すると、「すぐにどうこうできるかわからないが話を上げてくれる」とのこと。本当にありがたい!!私たちには恩恵がなくても(娘すぐ3歳児になるし)、これから移住する人にとって、良い方向に動けば良いなぁ~

スポンサーリンク


ご案内

管理人ちゃよの自己紹介

管理人ちゃよが、2016年3月に岐阜県の山里へ移住するまでに実際にしたこと

8年空き家だった古い家をDIYで快適に!

荒れ放題だったお庭をきれい&畑にする!

田舎に移住して始めた家庭菜園について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ