田舎暮らしを始める前から乗っている愛車N-BOX。その頃から、ずぼら人間の私は洗車をしてなかった。でも田舎暮らしを始めたら、車に緑色の汚れが!この頑固な汚れを洗い落とし、キレイに産まれ変わったので、今回はその方法です。

もともとずぼら人間の私。車が汚れているな~と思いつつ、そのまま。でも職場の友達に言われちゃいました。

女

ちゃよさん、車が汚いよ~。ちゃんと洗車しなよ。せっかくの車がもったいないよ!

痛いところをついてくれます。だって、本当なんだもん。しかし私は今までコイン洗車したことがあるくらいのレベル。

ママ

この辺にコイン洗車場あったっけ?そこで洗えば落ちるかなぁ?

女

そんなの近くのガソリンスタンドで、洗車してもらえば?

確かにその通り。でも自分でやった方が安いだろうってことで、今回洗車をすることに。しかし私の愛車の汚れ、改めてみても半端ない。コレだよ。うん、汚い。それにしてもこの緑色はなんだ?コケ?カビ??

緑色の汚れの正体は花粉!

この緑色の正体。パパリンが調べまくって判明。その正体はなんと「花粉」!なるほど。ココ山里なんで、木がいっぱい。スギがいっぱい。っていうか、スギだらけ。そもそも駐車場の前は林で、そのちょい遠くには杉林。

職場の駐車場の真上は、杉林。周りは杉いっぱい。自然豊かな山里です。おかげで花粉症モチは春が超つらい。花粉を見るだけで目がかゆくなるから、飲み薬も目薬も欠かせない。その花粉が、車も汚すなんて!驚きだ。

でも同時に納得。田舎暮らしをする前は、ここまで汚れなかったからね。山里では花粉が飛ぶ量半端なし

整備士さんにオススメ洗車道具を教えてもらい揃える!

さて。車を洗おうと思っても、知識がない私とパパリン。ちょうどその頃、もうすぐ車検。ってことで、車検前の点検へ行った時に、プロの知識を借りることに。

パパリンが洗車道具について整備士さんに聞くと、教えてくれました。ちなみにこの花粉、指でこすっても落ちないくらい頑固もんです。

整備士さんセレクトは、

  • SONAX(ソナックス) カーシャンプー グロスシャンプー

整備士さんを含めて、お店のプロたちが洗車するのに良く使っている一品。バケツ一杯(5L)の水に、キャップ1杯のシャンプーを薄めて、よく泡立てて使います。

  • シュアラスター ウォッシングスポンジ

このスポンジに泡を含ませて洗います。

  • マイクロファイバークロス

泡を洗い流した後、しっかりと拭き取ります。

このシャンプーでどこまで落ちるか。なんせ花粉さん、頑固だからね。だから落ちない汚れはこちらで落とします。

  • AUTOGLYM(オートグリム) スーパー・レジン・ポリッシュ

マイクロファイバークロスにつけて、塗りこんで、汚れを落とします。しかもコーディングもしてくれます♡そう、これはクリーナー&ポリッシュ&コーティング材!

整備士さんのアドバイスをもって、こちらの洗車道具一式を購入!

ちなみに車に水道のホースが届くように、延長ホースも購入しました。これでお庭のハーブたちの水やりも楽になります。あとバケツもね。

緑色の汚れを洗車で落とす!

さて。道具が揃ったので、洗車していきます。

グロスシャンプーで汚れを取る!

グロスシャンプーに書いてあった通りに洗っていきます

  1. ホースを使って、キズになりそうなものを水で洗い流す
  2. 5Lの水にキャップ1杯を入れて、良く泡立てる
  3. スポンジに泡をよく含ませて、洗う
  4. 洗車後は、泡がなくなるまで水ですすぐ。残った水滴はマイクロファイバークロスで拭き上げる

驚いたことに、グロスシャンプーだけでも、緑色の汚れはけっこう落ちました。強力シャンプー、ビバ(*ノωノ)

スーパーレジンポリッシュで汚れを落としつつ、コーティングをする!

スーパーレジンポリッシュで残った汚れを落としつつ、しっかりコーティング♡

あの汚れまみれだったN-BOXがこんなにキレイになったよ!こんなにきれいなんて、何年ぶりだ?嬉しすぎる。N-BOXが産まれ変わったよ(*ノωノ)パパリン、ありがとう♡

洗車のまとめ

今回洗車をしてみて、こんなに汚れが落ちるなんて。嬉しすぎる!N-BOXちゃんが産まれ変わりました。パパリン、ありがとう!グロスシャンプー、おススメです。

田舎暮らしでは花粉が飛ぶ量が半端ないから、こまめな洗車が必要ですな。だからか、ご近所さんではよく洗車をしている人を見かけるけど、妙に納得ですわ。もちろんただの車好きかもしれないけどね。

尚、パパリンに今回の件でかなり呆れられたんで、「ご近所さんで洗車しているのは男の人が多いよ!パパもやってよ」と言い返したけど、もちろんただの言いがかりです。これから、洗車を頑張ります、ハイ。

ちなみに私の愛車N-BOXはこんなに汚れているのに、その前に購入しているパパリンの愛車フィットシャトルちゃんは、ここまで汚れていない。持ち主の性格もあるが、私と同じく洗車してないのに。

なんで?と思ったら、それはコーティングの違い。フィットシャトルはオプションでコーティングをしっかりしていたから。だから汚れが付着しにくいとのこと。なるほどね~。

尚、今回のコーティング剤のAUTOGLYM(オートグリム) スーパー・レジン・ポリッシュは、研磨剤が入っているから、フィットシャトルには使わない方がよさそうだよ。使う場合は、確認してね(”ω”)ノ