愛車N-BOXを洗車してないかったら、花粉がついて、汚れまくった。整備士さんに相談して、おすすめの洗車道具を教えてもらい、洗車をしてみたらピカピカに生まれ変わりました。今回は洗車道具の紹介と、手洗い洗車の方法を紹介します。

3年ほど洗車していなかったので、汚れもすごいことに。しかもこれ、指でこすってもまったく落ちません。

この緑色の汚れの正体はが花粉!ブタクサ、スギ、ヒノキとあるけど、主はスギ。田舎暮らしで、山里暮らしなんで、当然、周りはスギがいっぱい。っていうか、スギだらけ。だから、これには納得です。

私は花粉症もちなんで、春が嫌い。その花粉が愛車まで汚すなんて、正直驚きました。スギの花粉、マジでどうにかしてほしい。。。

整備士さんにオススメ洗車道具を教えてもらって、揃える!

「自分で洗車をしよう!」

そう決めても、今まで自分で洗車したことがないので、どんな洗車道具をそろえたら良い?そもそもどう洗車したら良い?(・・?

ちょうどその頃、もうすぐ車検。ってことで、車検前の点検へ行った時に整備士さんに聞いて、プロの知識を教えてもらいました!

以下に整備士さんセレクトの洗車道具を紹介します。

SONAX(ソナックス) カーシャンプー グロスシャンプー

整備士さんを含めて、お店のプロたちが洗車するのに良く使っている一品。バケツ一杯(5L)の水に、キャップ1杯のシャンプーを薄めて、よく泡立てて使います。

シュアラスタ ウォッシングスポンジ

このスポンジに、泡を含ませて洗います。

マイクロファイバークロス

泡を洗い流した後、しっかりと拭き取ります。

AUTOGLYM(オートグリム) スーパー・レジン・ポリッシュ

シャンプーでは残念ながら、花粉が落ちない可能性があります。なんせ花粉は、頑固だから。

そこで落ちない汚れは、これをマイクロファイバークロスにつけて塗りこんで落とします。しかも同時に、コーディングもしてくれます♡

愛犬

研磨剤が入っているから、しっかりコーティングをしているパパの車には、使わない方が良いそうだよ。だから、しっかり確認して使ってね!

整備士さんセレクトの洗車道具一式

我が家はこちら一式を購入しました。

ちなみに車に水道のホースが届くように、延長ホースも購入しました。これでお庭のハーブたちの水やりも楽になります。

あとバケツも準備したよ。

花粉の汚れを落とす手洗い洗車のやり方

さて。道具が揃ったので、洗車していきます。

グロスシャンプーで汚れを取る!

グロスシャンプーに書いてあった通りに洗っていきます

  1. ホースを使って、キズになりそうなものを水で洗い流す
  2. 5Lの水にキャップ1杯を入れて、良く泡立てる
  3. スポンジに泡をよく含ませて、洗う
  4. 洗車後は、泡がなくなるまで水ですすぐ
  5. 残った水滴はマイクロファイバークロスで拭き上げる

驚いたことに、グロスシャンプーだけでも、花粉がけっこう落ちました。ビバ、強力シャンプー(*ノωノ)

スーパーレジンポリッシュで汚れを落としつつ、コーティングをする!

スーパーレジンポリッシュをマイクロファイバーにつけて、車を磨きます。これで残った汚れを落としつつ、しっかりコーティングも♡

花粉が落ちた!

すると、花粉の汚れまみれだったN-BOXがこんなにキレイになりました。こんなにキレイになるなんて、何年ぶりだ?嬉しすぎる(*ノωノ)パパリン、ありがとう!

花粉を落とす洗車のまとめ

今回洗車をしてみて、こんなに花粉汚れが落ちるなんて。嬉しすぎる!N-BOXがキレイに産まれ変わりました。パパリン、ありがとう!グロスシャンプー、マジでおすすめです。

田舎暮らしでは花粉が飛ぶ量が半端ないから、こまめな洗車が必要だと実感。花粉時期の前にも一度洗車して、コーティングもして、花粉ブロックをしておこう(; ・`д・´)

ちなみにご近所さんではよく洗車をしている人を見かけるけど、納得しました。もちろんただの車好きかもしれないけどね。

尚、私の愛車N-BOXはこんなに汚れているのに、それよりも前に購入しているパパリンの愛車フィットシャトルは、ここまで汚れていない。

私と同じく洗車してないのに、「なんで?」と思ったら、それはコーティングの違いでした。フィットシャトルはオプションでコーティングをしっかりしていたから、汚れが付着しにくいとのこと。なるほどね~。

尚、今回おすすめしたコーティング剤のAUTOGLYM(オートグリム) スーパー・レジン・ポリッシュは、研磨剤が入っているから、フィットシャトルには使わない方が良いとのこと。使う場合は、確認してね(”ω”)ノ