里山移住者ブロガーのちゃよです。

宿根かすみ草八重咲きの種を春まきしたので、育て方を調べました。

これからかすみ草の成長記録をゆるゆると更新していきます(‘ω’)ノ

宿根かすみ草は私の好きな花。切り花として飾ると、グッと華やかになるし、ふわふわしていて、可愛いから♡

ちなみにこの宿根かすみ草は、花屋さんでよく売られているあのかすみ草だよ。花が咲いたら花瓶に入れて飾りたい(*^-^*)

尚、かすみ草の花言葉は代表的なのが3つあって、「清らかな心」「無邪気」「感謝」。

ママ

宿根草(しゅっこんそう)は冬に地上部が枯れて、休眠状態で越冬し、春に成長・開花する多年草のこと。毎年咲いてくれるなら、咲かせたい!

宿根かすみ草の育て方

宿根かすみ草は耐寒性があり、丈夫で育てやすい。草丈70~80㎝ほどになる。

日当たりがよく、蒸れが苦手なんで排水性がよく、中性~弱アルカリ性の土がよい。

育て方のポイント

  • 真夏はもちろん残暑が厳しい時期は、種や小苗の管理は涼しいところ
  • 夏の高温では生育が悪くなる
  • 蒸れが苦手で、密集で風通しが悪いのも、深植えによる蒸れ、水やりのしすぎの加湿も苦手
  • 暖かい地域での植え付けは冬の前にする
  • 冬に霜柱がでる地域は、霜よけをする
  • 寒さが厳しい地域では、冬は室内で越冬させて、春に植え付ける

宿根かすみ草の種まきは年2回

かすみ草の種まき時は、春と秋の2回。春は3~5月、秋は9月~10月頃。5~8月ころに開花。

春まきは開花まで70~360日、秋まきは240日ほど。

尚、春まきではまく時期が遅れると、その年に開花しないこともある。

春まきでは1年目よりも2年目のほうが株がしっかり成長するとのこと(‘ω’)ノ

宿根かすみ草 春撒きの成長記録

今回プランターの底に砂利を敷き、その上に畑の土と、なんちゃってコンポストの土を混ぜて、種まきをしました

3/30 宿根かすみ草をプランターに種まき

3/30にプランターに種まき。発芽適温が15~20℃。かすみ草の種は小さいよ。

かすみ草の袋に「乾かないように管理」とあったから、私は土を湿らせてから、種をばら撒き。

うっすらと土をかぶせ、手でバンバンと押し付けました。プランター2つ分です。

ママ

種まき後に、足で踏んだほうが発芽率が高いとのこと。今回はプランターだから手でバンバンがその代わりです

山里なんで朝は5℃、日中は15~20℃くらいだよ。

発芽後は1本に間引きし、30センチくらいの株間とのこと。

かすみ草の根は移植に弱くて、小さいうちに傷めないようにすると良いとのこと。

でもこちらの秋に種まきからの成長記録を見ると、本葉4枚頃の移植でもOKだった模様。参考にさせてもらいます( `ー´)ノ

宿根かすみ草の成長記録のまとめ

発芽までは5~10日ほどとのことなんで、無事に芽が出ますように!

宿根とのことなんでプランターからお庭に植え替えて、お庭を華やかにしたいなー♡

ちなみに過去にパパリンがポッドに種をまいたけど、アスファルトの上に置いておいたら、直射日光で枯れてしまった。

今回は無事に育つといいな~