こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

パパリンが家庭菜園で育ててくれているのが、そら豆。自家製そら豆は味が濃くて美味しいから、毎年、食べるのが楽しみ♪

ただし、「美味しいのは3日まで」と言われるほど、そら豆は傷みが早い。

それに収穫できるときは、一気にたくさん!とても食べきれない量です。

そこで今回、そら豆を美味しく食べるために保存方法を調べたので、紹介します。

併せて、そら豆の収穫タイミングとそら豆を使ったレシピも、教えます♪

そら豆の保存方法とは?長期保存方法は?

生のそら豆の賞味期限は、1~3日程度ととても短い。すぐに全体が黒くなってしまうから、早く食べるのが基本です。

そんな空豆の保存方法は、以下の3つ(‘ω’)ノ

  • 冷蔵保存
  • 冷凍保存
  • 乾燥して保存

冷蔵保存は2-3日以内。それより長く保存するなら、冷凍保存 or 乾燥保存です。

これから、それぞれの保存方法を紹介します。

そら豆の保存①冷蔵保存のやり方は?

そら豆の保存温度は0~5℃と、野菜の中でも低く、常温保存に向いてません。

だから収穫したり、スーパーで購入したら、すぐに以下の手順で保存するのがおすすめ。

冷蔵保存なら、2-3日はもちますよ。ただし、サヤから出すと傷みが早いから、サヤ付きで保存して下さいね。

  1. サヤ付きのまま、新聞紙にくるむ
  2. ビニール袋やジップロックに入れて、冷蔵庫の野菜室で保存する

乾燥させないのがコツ。新聞紙にくるんで適度な湿度を保ち、ビニール袋に入れることで水分を逃がさないようにします(*^-^*)

そら豆の保存②冷凍保存のやり方は?

そら豆の長期保存には、冷凍保存がおすすめ。1~2か月ほど、保存できますよ。

冷凍保存にも2つの方法があるから、それぞれ紹介します(‘ω’)ノ

ちなみにchayoは2つ目のサヤから取り出して豆だけを冷凍保存しているけど、1年後に料理しても、ふつーに美味しく食べれました。ただし、そこは自己責任でお願いします (←chayoは、お腹が丈夫)。

そら豆の冷凍保存①サヤごと冷凍保存

サヤから出すと空豆は鮮度が落ちるから、サヤごとジップロックに入れて冷凍保存します。

その場合、ジップロック内の空気はなるべく抜いてくださいね。

この方法だと鮮度は落ちにくいけど、困るのがスペースをとること!そら豆はサヤが大きいからね。

解凍は、600Wの電子レンジで1分加熱。その後にサヤから豆を取り出して、茹でたりと料理してください。

ちなみに、そら豆をグリルでサヤごと焼くなら、解凍せずにそのままグリルへGo!

そら豆の冷凍保存②豆だけを冷凍保存

chayoがいつもやっているのが、こちらの冷凍保存。冷凍庫は、いつもパンパンだからね(苦笑)。

  1. そら豆をサヤからとりだして~ (※取り出し方は下を見てね)
  2. 豆だけをジップロックに入れて、冷凍庫で保存

これだと冷凍庫の場所も取らずに、サッと調理できるから、重宝してます♪

解凍方法は、凍ったままの空豆をお湯の中に投入して、2~3分ほど茹でるだけ。生の時よりも、気持ち長めで茹でてます。

ママ

パパが家庭菜園で育てている空豆。最初のうちは1個だけだったりと、チョボチョボ収穫できるから、ある程度の量をためるのにも、冷凍保存は便利です♪

愛犬

最初に空豆を1分ほどと固めに茹でてから、薄皮を剥いて、ジップロックで冷凍する方法もあるよ。その場合は、凍ったまま調理するか、電子レンジでチンして解凍してね

そら豆を茹でる時に切り込みをするのは、なぜ?

そら豆を茹でる時、包丁で切り込みを入れたり、フォークで突き刺して穴をあけたりしてました。

切り込みを入れた方が、皮がむけやすくなるし、シワ予防になるとのことで。

でも途中からは、chayoは面倒で止めちゃいました。

「切り込みなし」で茹でても、油で揚げても、chayoとしては、特に問題なしですよ。

ちなみに、切り込みをしないで茹でる方が、そら豆の風味が抜けにくいらしい。この辺は、お好みで(‘ω’)ノ

そら豆の保存③乾燥保存のやり方は?

そら豆をサヤごと乾燥させれば、長期間、保存ができます。ちなみにサヤごと、乾燥させるのがコツ。

  1. サヤごとザルや新聞紙の上で並べて、天日干し
  2. 真っ黒になるまで、しっかり干す
  3. サヤから出して、封筒などに入れて冷蔵庫の野菜室で保存

使う場合は、水で戻してから料理して下さいね。詳しい手順はこちら。写真付きで、分かりやすいですよ(^^♪

そら豆を使ったレシピは?

そら豆はグリルで焼いたり、塩ゆでして食べるのが、定番。

でもchayoは、そら豆の独特の臭みやホロ苦さが苦手なので、そら豆ご飯と天ぷらが定番です!

ちなみに最後のは、たっぷりある時だけの嬉しいおやつ♡

尚、chayoはそら豆の薄皮は苦手なので、毎回、面倒でも剥いてます。

そら豆レシピ①そら豆ご飯

ダシで炊くから、ほんのり甘い。その甘さが、そら豆のほろ苦さと相性バッチリ。

そら豆が見ていると、思わず、食べたくなる美味しさ。

ガッツリいけるし、ぷりっぷりのそら豆を食べると、ニッコリしちゃいます(*^-^*)

そら豆レシピ②鶏ささみとそら豆の天ぷら

そら豆は天ぷらにすると、ほろ苦さがなくなり、甘くなるんです。しかも鶏ささみとの相性もバッチリ!

最初に作ったときは、あまりの美味しさに感動したほどで、すっかりchayo家の定番です。

肉好きの小学生の娘も、この天ぷらはお気にいりで、よく食べてくれます♡

ちなみに鶏ささみはコスパ良いし、ラップに包んで冷凍保存ができる。そら豆も冷凍しているから、このレシピはとっても重宝です(*^-^*)

そら豆のデザートレシピ③そら豆あんのお餅!

そら豆がたっぷりある時に、パパリンが作ってくれたのが、こちらの空豆餡のお餅♡

そら豆を茹でて潰して、砂糖を混ぜて作った餡。イメージは、東北名物のズンダ餅のそら豆バージョン!

一口食べたら、そら豆の美味しさと、甘さとで、ホッコリ元気になれるお味です(*^-^*)

ちなみにchayoは、ずんだ餅が大好き!東北から引っ越したら、なかなか出会えなく、見かけるといつも購入してしまうほどです♪

おまけ)そら豆をサヤから取り出す方法は?

収穫した空豆をサヤから取り出すには、そら豆の両端をもって、片手だけをひねって下さい。雑巾絞りの要領です。

そうすると、サヤがやぶけて、中のそら豆が取り出せますよ。

小学生の娘も頼んだら、お手伝いしてくれました♪

ただ娘は力加減が下手なのか、半分にバキッと折って、中の豆を取り出していたけどね(笑)

ちなみにお手伝いの動機は「宿題の日記に書きたいから」。動機は何であれ、ママは嬉しいよ♡

おまけ2)そら豆の収穫サインは?

そら豆は育ってくると、段々と重みで垂れてきます。写真の青丸が、赤丸のように下に垂れてくるのです。

赤丸になったら、収穫のタイミング!chayoは茎に対して、直角よりも垂れてきたら、収穫しています。

ちなみにいくらサヤが大きくても、垂れていないと、中の豆はビックリするほど小さいよ!

ここで、chayoはド田舎暮らしで、野生の猿が畑に出没。そら豆は猿の好物で、盗られます。

しかも一度来襲されると、追っ払っても、すぐにやってくる。だから一度盗られたら、まとめて全てのそら豆を収穫。

そのせいで、もったいない根性で垂れさがってない空豆を収穫したら、こんな風に豆が育ってないことも(赤丸)。…食べるところ、ない(泣)

そら豆の保存方法のまとめ

田舎に移住してから家庭菜園を始めたけど、特に感動するのが、豆類!新鮮な豆って、味が濃くて、美味しいです♡

家庭菜園で収穫する空豆も、とっても美味しい。もうスーパーの味には、戻れません。

でも家庭菜園だと、一度に大量にできる上に、そら豆は傷みが早い。

そこで保存方法を調べてみて、2日以内で食べる時は野菜室で冷蔵保存。2日以上なら、冷凍保存がおすすめです!

しかも冷凍保存なら、家庭菜園で最初のうちのチョボチョボ収穫したものも、手軽にためられるのも嬉しいポイントです。

自分に合った方法で、旬のそら豆を美味しく食べましょー!