こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

冬に最高なのが鍋!みそ鍋をよく作るけど、地元の上石津で作られる長範みそ。これを使った味噌鍋が最高なので、作り方の紹介をします。

長範みそは500g 540円ほどと、ちょいとお高め。でも1個1個手作りで、昔ながらのしっかりとしたお味の味噌。

スーパーで買った味噌とは味が全然違うんです♡

この長範みそのお味を一番堪能できるのが、味噌鍋!これが最高です(*^^*)

尚、味噌鍋には長範味噌を使って、普段の味噌汁にはスーパーの安い味噌を使ってます。

ママ

地元の美味しい味噌を使って、味噌鍋を作ってみてね!もちろんスーパーのお味噌でも美味しくできるよ!

長範みそ鍋の材料

★はみそ鍋のスープ。こってり味だから、こんにゃく、厚揚げ、豆腐なんかが、よく合うよ。

chayo家では保育園の娘がニンジンが好きだし、色どりもキレイだから、よく鍋にいれてます。

ニンニク好きだから、ニンニクも♡1/3片くらいを入れると、トロっとしていて最高です( *´艸`)

尚、このレシピは野菜たっぷり。お好みの材料でどうぞ('ω')ノ

  • ★水 5カップ
  • ★だしパック 1袋 (市販の和風だしなら大さじ2)
  • ★砂糖 大さじ2
  • ★長範味噌 大さじ4
  • ★醤油 大さじ4
  • ★ニンニク擦りおろし 1片分
  • 白菜 1/4玉
  • 豚肉 200~300g
  • ネギ 2本
  • こんにゃく 1/2枚
  • もやし 1袋
  • 厚揚げ 1/2個
  • 人参 1/2本
  • しめじ 1/2パック
  • ニンニク 3~4片 (※好みで!)
ママ

濃い目の味でも、白菜から水分が出るから、意外にちょうどよい。最後に好みで調節してね!

長範みそ鍋の作り方

  1. 鍋に水5カップを入れて、だしパックを入れて、火にかける
  2. 使用するだしパックの表示に従って、だしをとる (和風だしを使うなら。この工程はすっ飛ばす)
  3. ★の砂糖、長範みそ、しょうゆ、すりおろしニンニクを入れる (※長範みそは柔らかいから、お玉にとってお湯で溶かさなくても、スプーンやお玉でクルクルしていれば溶けるよ)
  4. かき混ぜれば、味噌鍋のつゆがが完成。次から具材をいれます
  5. 適当な大きさに切った白菜を鍋の底に敷き詰める
  6. 白菜の上に、豚肉、水洗いをしたもやし、皮をむいて薄く輪切りにした人参、石突の先端を切り落として適当な大きさにちぎったぶなしめじ、適当な大きさに切ったネギ、一口大の大きさに切った厚揚げ、ニンニクetcを載せる
  7. 板こんにゃくは6ミリほどに薄く切り、
  8. 真ん中に切り込みを入れて、その間を端っこからクルッと通す
  9. これで、ねじりこんにゃくの出来上がり。鍋はこの形で入れるのが、おすすめ
  10. 野菜や肉に火が通ったら、完成♡あつあつを家族みんなで、どうぞ(*^^*)

寒い時期には暖まるし、たっぷり野菜を食べれるし、このみそ鍋は最高です(*^-^*)

長範みそ鍋スープを味わい尽くす!

chayo家では、以下のようにしたりして、このみそ鍋を味わい尽くしてます!参考にしてね。

  • 翌日の昼ご飯に、なべスープを使ってラーメン
  • 晩御飯に、水と長範味噌、しょうゆを足して味を調整。具材を足して、鍋を楽しむ
  • 明後日の朝は水を足して濃さを調整し、味噌汁替わりにスープを食べる
  • 昼に雑炊で〆る

長範みそ鍋の感想

家にある材料だけで、市販の鍋つゆに負けない美味しい味噌鍋スープが作れます!

chayoもパパリンもこのみそ鍋が大好きで、定番の鍋です。

スーパーに売っている普通の味噌でも作れるけど、やっぱり地元の長範味噌で作るのが最高(*ノωノ)

もし地元で、昔ながらの美味しい味噌を作っているなら、このレシピでお試しあれ!

chayoはこってり好きだし、ニンニク好きだから、ちょいと濃厚なお味です。好みで調整してね。

寒い時期に重宝する鍋は、chayo家の定番。chayoが実際に作っている鍋や煮込みレシピをまとめたので、参考にしてね(^^♪