こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

ニトリの遮光ロールスクリーンを窓に取り付けたら超快適だったので、紹介です。

ログハウスにホームシアターをせっかく設置したのに、南側の窓からの日差しで、スクリーンが見えないという残念なことに。

そこで遮光カーテンを付けることにしました。

どの遮光カーテンを取り付ける?

こちらの窓に遮光カーテンを取り付けます。

でもこの窓だと、どんなカーテンにしよう(・・?

  • 窓枠が1間(1820mm)と広いのに、丈は短い
  • 窓枠にカーテンレールがない
  • ログハウスは6畳と狭いから、場所をとらない方がいい
  • 安いのが良い

カーテンレールを取り付けてから、カーテンを取り付けると高くなります。

しかもこの窓のすぐそばに机を置いて、パソコンをカタカタしているので、カーテンだと邪魔くさい。

パパ

よし、カーテンはやめて、ロールスクリーンにしよう。ロールスクリーンなら丈は関係ないし、カーテンレールも要らない!

ニトリの遮光ロールスクリーンを窓に取り付ける

ロールスクリーンもいろいろな種類があるけど、結局はニトリの遮光ロールスクリーンにしました。

我が家の幅広の窓もカバーできるような大きさもあるし、とにかくサイズが豊富。

しかも他のメーカーと比べて価格が安い!

ニトリの遮光ロールスクリーンを取り付ける

早速、窓に遮光ロールスクリーンを取り付けます。

ロールスクリーンに付属している部品は、ブラケット、カーテンレール用プレート、ビス長短4本ずつのみ。

我が家は窓枠に取り付けるから、実際に使うのはブラケットとビスのみ。

取り付け方は、簡単。平らな部分に「ブラケット」をビス止めして、ロールスクリーンを引っ掛けるだけ。

我が家の場合は、平らなところが白い窓枠部だけだから、そこに取り付けることに。

ニトリの遮光ロールスクリーンの取り付け方

  1. 窓枠部に印をつけて、ドリルで下穴をあける (※手間だけど下穴をあけた方が、失敗は少ないよ)
  2. ブラケット3つをビス止め。ビスは短い方を使用
  3. ブラケットのフックにロールスクリーンを引っかけて、カチャっと音がするまで押し当てれば、完成♡

取付時間は、パパリンは10分もかからずにできたのことだよ('ω')ノ

ロールスクリーンは良い!

ロールスクリーンを下ろしてみると、遮光性バッチリ!

右端の紐を使えば、長さを簡単に調整できるし、机でパソコンをカタカタするときに邪魔になりません。

ホームシアターのスクリーンも、バッチリ見えるようになりました(*ノωノ)

ロールスクリーンはプロジェクターのスクリーンとしても使える?

実はパパリン。プロジェクターを天井に固定する前に、90度回転させて、このロールスクリーンに映像を映してみたんです。

そうしたら、バッチリ見えたとのこと( ゚Д゚)

我が家は既にスクリーンを持っているからアレだけど、サイズがあうなら、このロールスクリーンをプロジェクターのスクリーンとして使うのも良いかもね('ω')ノ

尚、他の人も同じことを言っていて、こちらなんて検証画像もある。しかもプロジェクターのスクリーンよりも価格が安いよ!

ニトリの遮光ロールスクリーンはおすすめ!

今回ニトリの遮光ロールスクリーンを使ってみたら良かったので、おすすめです。

理由は

  • 価格が安い!
  • 幅が広いのもあって、サイズが豊富!
  • 壁、天井、カーテンレールにも取り付けられる!
  • 取付が簡単!
  • 遮光性もばっちり!
  • ロールスクリーンの長さの調整も簡単!

ニトリの遮光ロールスクリーンを取り付けたことのまとめ

ホームシアターのスクリーンが見えないことから、窓にロールスクリーンを取り付けました。

最初は遮光カーテンを考えていたけど、我が家の窓は幅広だし、丈も短くて、ちょうどよいサイズがなくて困りました。

そこでカーテンはやめて、ニトリの遮光ロールスクリーンをチョイス。

おかげでホームシアターのスクリーンが、ちゃんと見えるようになりました♡

ニトリの遮光ロールスクリーンは取り付け方も簡単だし、サイズも豊富な上に、他のメーカーと比べても価格が安いし、おすすめ!

尚、遮光ロールスクリーンはプロジェクターのスクリーンとして使えるみたい。サイズが合うなら、お試しする価値ありだよ。