こんにちは、里山移住者ブロガーのchayo(@bloggers_chayo)です。

バラを育て始めたので、本を読みながら、あたふたしながら、バラを育ててます。

バラの魅力は、花と香り!良い香りがするんだよね~♡

本を読んでいたらバラの香りには大きくわけて6種類があることを知ったので、バラの香りをまとめたので、紹介します。

併せてchayoみたいに初心者でも育てやすい「耐病性」があり、それでていて「強香」のバラもまとめたよ。

これは来年以降も新しいバラを育ててみたいから、自分用のメモとして。

その際にこちらのバラ図鑑を参考にまとめたので、あしからず(‘ω’)ノ

ちなみにchayoは昔、黄色いバラの香りをかいで、その香りにうっとり♡それ以来、「黄色いバラ=強香」だと思ってました、マジで。

だからバラの新苗を選ぶときに、写真の黄色いお花を咲かせる「アサーベル」をチョイスしたんです。実際は香りが弱いのに。

もちろんバラは色ではなく、種類によって香りは違います。だから今回調べたのです。あぁ、恥ずかしい(/ω\)

バラの香りは6系統

バラの香りは6系統に分かれます。

科学的に分析され、さらに調香師による香りの華やかさや上品さなどの官能評価によって分類されたのです。

実際のバラは、この6種類の香りが混じっているよ。

尚、本によってはダマスクが、ダマスク・クラシックとダマスク・モダンとわかれてます。

たたchayoは〇〇の香りと言われてもピンとこないから、好みの香りを探すためにも、今度バラ園に行って嗅いできまーす♪(∩´∀`)∩

ダマスクの香り

香りのヒント:濃厚、女性らしさ、華やかさ、やや重たい

ダマスクの香りは特徴的で、古代ギリシャ・ローマ時代から受け継がれてきたバラの香り。

現在でも多くの人がバラらしいと感じる香りです。

【代表的なバラ】ロケ・サンティフォリア、ラ・フランス、ザ・ダークレディ、パパ・メイアン、マダム・イザアック・ペレール、ザ・プリンス、マーガレット・メリル

ティーの香り

香りのヒント:優雅、さわやかさ、透明感、軽やかさ

ダージリンの紅茶葉を指でつぶした時の香りに近いのが、ティーの香り。

中国の野生種、ロサ・ギガンテアから引き継がれた香りで、ティー・ローズの多くがこの香気成分をもつよ。

【代表的なバラ】グラハム・トーマス、アルベルティーヌ、ガーデン・パーティ、ディオラマ、パット・オースチン、ヘレン・トラウベル


グラハム・トーマス

ミルラの香り

香りのヒント:アニスシードの香り、ややスパイシー、スーッとした香り

ミルラとはミイラを作る際に防腐剤として使われた樹脂、没薬のこと。

でもバラのミルラ香は没薬の香りではなく、アニスシード(ハーブの一種)に似た香り。

イングリッシュローズに多くて、ダマスクの香りやティーの香りと混ざりあっている。

【代表的なバラ】

純粋なアニス香:エアシャー・スプレンデンス

ダマスク香と混在:セント・セシリア、セプタード・アイル

ティー香と混在:ペルディータ、ジェーン・オースチン、メアリー・マグダリン

スパイシーな香り

香りのヒント:マイルドな甘さ、香辛料のクローブの香り

ダマスクの香りに近い甘さがあって、やや粉っぽさや青くささにに加えて、ハチミツの香りも感じられる。

その香りを持つ代表が白花のハマナス。

【代表的なバラ】ハマナス、ウィンドラッシュ、サラ・ヴァン・フリート、ジャクリーヌ・デュ・ブレ、デインティ・ベス、ホワイトウイングス

ブルーの香り

香りのヒント:ブルーローズだけの香りで、特徴的

ダマスクの香りとティーの香りが混在し、甘さと華やかさがあります。

青色系のバラにだけ、独特の香り成分がうまれるメカニズムは、今も解明されていません。

【代表的なバラ】ブルームーン、ブルー・リボン、ブルー・パフューム、ハリー・エドランド


ブルームーン

フルーツの香り

香りのヒント:新鮮さ、華やかな甘さ、バランスが良い、広がりがある

ダマスクの香りとティーの香りが混ざりあい、そのバランスによって、ときに特定のフルーツの香りが感じられることがある。

時間とともに変化しやすく、とらえるのはなかなか難しい香りのタイプです。

【代表的なバラ】

ミックスフルーツの香り:ホワイト・クリスマス

アプリコットの香り:ダブル・デライト、エヴリン

オレンジの香り:ソレイユ・ドール

レモンの香り:チャールズ・ダーウィン

バナナの香り:タッチ・オブ・ヴィーナス

香りが強くて、耐病性に強い初心者におすすめバラ

chayoのような初心者には、耐病性が良くて、育てやすいバラがおすすめ!

これは20年近くバラを育てている義母からの教え。

バラの花や形、色で決めちゃって、うまく育てられないと凹んじゃうから、まずは「耐病性」が良いバラが一番なのです。

今回はその中で、「強香」のバラをピックアップしてみました。

初心者で香りが強いバラをお探しなら、参考にどうぞ。chayoも次はこの中から、選ぶぞ~(*^^*)

※バラの花写真は、各リンク先の写真です。

名前 香りの種類
アブラハム・ダービ フルーツ
ナエマ フルーツ
ブリーズ
シャンテ・ロゼ・ミサト ミルラ
メアリー・ローズ ミルラ
ザ・メイフラワー ダマスク
ザ・マッカートニー・ローズ ダマスク
ティー
ローズシナクティフ(ローズ・シネルジックから改名) ブルー
ミルラ
ミスター・リンカーン ダマスク
リパブリック・ドゥ・モンマルトル ダマスク
ティー
ポール・ボキューズ フルーツ
スィート・ジュリエット ティー
フルーツ
ゴールデン・セレブレーション ティー
フルーツ
グラハム・トーマス ティー
シャーロット・オースチン ティー
クレア・オースチン ミルラ
デスデモーナ ミルラ
ブルームーン ブルー

バラ香りのまとめ

一口に「バラ」といっても、香りには大きく分けて6種類があることがわかりました。

さらにバラの種類によって香りがミックスされているから、本当にいろんな香りがあるんですね。

「バラ」って、本当に奥深いわ~(*^^*)

chayoはバラの香りが好きだから、香りが強いバラを育てたい!

でも初心者だから、バラの香りが強くて、初心者向きの「耐病性」の強いバラが良い。

ってことで、まとめてみました。初心者向きで、香りが強いバラは良いよね♪

ちなみにバラを育てて20年ほどのべテランの義母から、育てやすいということで「グラハム・トーマス」を薦められました。

グラハム・トーマスは強香だから、次は育てるつもりです(*^^*)

ちなみにバラの香りをまとめても、いまいちピンとこないから、今度バラ園に行って嗅いでこようっと(*ノωノ)

ただバラの季節は、春&秋だから、7月の今はもう少し我慢だ。あぁ、嗅ぎたい!癒されたい!!

初心者におすすめのバラ苗の選び方はこちら。バラ育てて20年ほどのベテランの義母に教えてもらいました!

ベテランの義母から教えてもらいながらの初心者のバラ育成日記。わかったこと、失敗したことをまとめてます。参考になれば(‘ω’)ノ