山里の上石津では、柚子がどっさり。ご近所さんから、いただける環境です♡

ってことで、柚子酒づくりにチャレンジしたら、これがパパリンに好評♡作っている途中で皮や実を取り出すときに舐めてみたら、ジンみたいだとパパリンが気に入ったので、2回目も作っちゃったくらい。ゆずの風味があって、スッキリとしていて、意外にサッパリと飲めますよ~。甘さ控えめレシピです。

尚、甘党の上に、お酒弱い私には、炭酸水で割れないと飲めない味だけどね(笑)。甘いのが好きな人は氷砂糖の分量を増やしてね。自分好みで調整できるのが、手作りの嬉しいポイントですな。

また本柚子は豊作の年と不作の年が交互で、不作だとビックリするほど実をつけないのには、驚いたよ。

ゆず酒の材料

  • 柚子 1.2キロ (※そのままの柚子だよ)
  • 氷砂糖 500グラム
  • ホワイトリカー 1.8リットル

ゆずは花柚子と本ゆずがあって、一般的に”ゆず”は本ゆずのことで、花柚子よりも大きいよ。(写真では、右が本柚子ね)。どっちでも作ってみたけど、花柚子の方が苦い気がしたから、私はなるべく本ゆずで作ってるよ。

ゆず酒の作り方

  1. 保存瓶に少量のホワイトリカーを入れて、蓋をして、振り回して、消毒する(煮沸消毒でもOKだけど、瓶が割れたことがあるので、オススメしない)
  2. 柚子を洗って、手で皮をむく
  3. 皮についている白い部分をスプーンでこそげとる(←これが大変&面倒)
  4. 実についている白いワタ(?)のところもとり、半分に切る。尚、種は実の中に入ってるので、そのままね
  5. 3の皮、4の実、氷砂糖を保存瓶に入れて、最後にホワイトリカーを入れる
  6. 皮を10日ほどでとりだす。私はザルの上に手拭いをセットして濾し、皮だけを取りのぞいたよ。実と種は、そのまま瓶に入れなおすので、結構手間。だから、お茶パックに柚子の皮だけを入れておくのが、オススメ(”ω”)ノ
  7. 1か月後に実や種を取り出す

これで完成♡3か月後から飲めるよ。

1か月後の実を取り出すときにちょっと舐めみたら、ホロ苦でトンガッタ味だったけど、半年後に飲んでみたら、以前よりもまぁるい味に♡意外にスッキリとしてますよ~。(写真は半年後)。

柚子酒の経過

ゆず酒の経過をまとめてみたよ。

%e3%82%86%e3%81%9a%e9%85%92 %e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92-2
漬けてすぐの頃 11日後。皮を取り出す前で、既に黄色く色づいている
%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92-1 1212%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a-1
11日後。ゆずの皮を取り出した直後 約1か月後。実を取り出す前
約1か月後。実を取り出した後。黄色く色づいている 約半年後。いい感じの色に♪(別の瓶に移したよ)
1年後

ゆず以外の果実酒

田舎に来てから、果実酒を作ってます(”ω”)ノド定番だけど、長期熟成用の梅酒。梅酒、美味しいんだよね~♡

変わり種で、柿ラム酒

…の変化球の柿酒


これからもいろいろトライしてみようかなぁ~。ただ私がお酒弱くて、パパリンもお酒に弱くなったからなぁ。悩むわー

ゆずで作れるのは、ゆず酒だけじゃない!

柚子って、田舎に移住してから、大量にGETできるようになったんで、いろいろ調理するようになったんですよ。だって、頂けるんだもん♡

1年目に、ゆずジャム、ゆず酒、ゆず味噌、ゆずポン酢、ゆずゆべしにトライしたけど、ゆずゆべし以外は満足できるお味なんで、翌年から作るのが定番となってます。

その中で私の一番おすすめは、ゆず化粧水だって、ゆず料理をすると余っちゃうゆずの種。これと日本酒で化粧水が作れちゃうんだもん。簡単につくれて、コスパはいい上に、しっとりスベスベの素敵な化粧水なんだもん。是非つくってみてね。

私のオススメ順に、ゆず料理を紹介します。どれも我が家の定番だよ。お試しあれ( `ー´)ノ

スポンサーリンク