ココ、山里の上石津では、周りに柚子がどっさり。ご近所さんから、いただける環境です♡

ってことで、柚子酒づくりにチャレンジしたら、これがパパリンに好評♡1回作って、途中で皮や実を取り出すときに舐めてみたらパパリンが気に入ったので、2回目も作っちゃったくらい。ゆずの風味があって、スッキリとしていて、意外にサッパリと飲めますよ~。甘さ控えめレシピです。

尚、甘党の上に、酒弱い私には、サイダーで割れないと飲めない味だけど(笑)。甘いの好きな人は氷砂糖の分量増やしてね。自分好みで調整できるのが、嬉しいところですな。ちなみにレシピはコチラを参考にしました。

柚子酒。コレ、例年つくることになりそうなんで、今回レシピとして記録( ..)φメモメモ。

ゆず酒の材料

  • 柚子 1.2キロ
  • 氷砂糖 500グラム (甘いの好きな人はもっと増やしてね)
  • ホワイトリカー 1.8リットル

ちなみに柚子は花柚子じゃなく、本ゆずで作りました。味は変わらないという人もいるけど、柚子ジャムやゆず味噌を作った感想としては、花柚子の方が苦めの気がします。そこは好き好きで!


左側が花柚子。右側が本ゆずで、花柚子よりも大きい

ゆず酒のレシピ

  1. 保存瓶にホワイトリカーを入れて、蓋をして、振り回して、消毒(煮沸消毒でもOKだけど、以前、瓶が割れたので、オススメしない)
  2. 柚子を洗って、手で皮をむく
  3. 皮についている白い部分をスプーンでこそげとる(←これが大変&面倒)
  4. 実についている白いところも取り、半分に切る。尚、種は実の中に入ってるので、そのまま
  5. 3の皮、4の実、氷砂糖を保存瓶に入れて、最後にホワイトリカーを入れる
  6. 皮を10日ほどでとりだす。ちなみに私はボールに手拭いをセットして、濾して、皮だけを取り出しました。ちょっと面倒。お茶パックに柚子の皮だけを入れておくのが、楽ちんかも。
  7. 1か月後に実を取り出す

完成♡3か月後から飲めるとのこと。1か月後の実を取り出すときにちょっと舐めみたら、ホロ苦でトンガッタ味だったけど、半年後に飲んでみたら、以前よりもまぁるい味に♡意外にスッキリとしてますよ~。(写真は半年後)。

また同時期に作ったのが、柿酒と柿ラム酒。柿酒と柿ラム酒に比べると、柚子酒は最初は黄色っぽかったのに、半年後の今は、色がいい感じに(写真は半年後。ただ梅酒だけは約11か月後)。それにしても、去年はいっぱい果実酒、作ったな~

柚子酒の経過

ゆず酒の経過をまとめてみました。

%e3%82%86%e3%81%9a%e9%85%92 %e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92-2
漬けてすぐの頃 11日後。皮を取り出す前。既に黄色く色づいている
%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92-1  1212%e6%9f%9a%e5%ad%90%e9%85%92%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a-1
11日後。ゆずの皮を取り出した後 約1か月後。実を取り出す前
   
 約1か月後の実を取り出した後  約半年後。いい感じの色に♪(別の瓶に移しました)

スポンサーリンク