柚子がドッサリあるんで、ゆず味噌にトライしてみてたら、これが美味しくって、感動もん。ご飯がススム、ススム。しかも冷蔵庫にいれておけば1年くらい日持ちするから、柚子の旬の時期に大量に作ってます。ただ甘いから、砂糖の量は好みで加減してね(”ω”)ノ
%e3%82%86%e3%81%9a%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a-1

ゆず味噌はお友達の家に行くときに持っていくけど、いつも好評です♡

ゆず味噌の材料

  • 味噌 400g
  • 砂糖 400g
  • 本ゆずなら、 皮は3個、果汁は1個分
  • みりん 大さじ2杯

ゆずは花柚子と本ゆずがあって、一般的に”ゆず”の表記は、本ゆずのことで、花柚子よりも大きいよ。(写真では、右が本柚子ね)。だから私は花柚子では、本ゆずの3倍くらいの量で作ってるよ。

愛犬

本ゆずと花ゆずの味は”変わらない”と言っている人もいるけど、ママが言うには花柚子の方が苦い気がするって。だから、そこは好き好きでね!

ゆず味噌の作り方

  1. ゆずは軽く洗い、水気を拭き取る
  2. ゆずを半分に切り、ボールの上にザルを置き、軽く絞って、果汁をとりだす(※ゆずの種をとっておくと、化粧水が作れるよ!)
  3. ゆずの実は手で簡単にとれるからとって、皮だけにしておく
  4. 鍋に砂糖と味噌を入れて、軽く混ぜる
  5. 砂糖と味噌を混ぜながら、鍋を弱火にかける。5分くらい
  6. みりんを加え、更に10分くらい弱火にかける
  7. 少しトロっとしてきたら、火を止める
  8. ゆずの果汁と、すりおろした柚子の皮を入れる。尚、私はすり下ろせる分はすりおろすけど、出来ない分は包丁でみじん切りに。
  9. 混ぜあわせたら、完成

こんなにたっぷりと出来ました♡冷めてからタッパや瓶に入れて、冷蔵庫で保存すると、1年くらいモツよ!ちなみに私は皮をすりおろすのにてこずるんで、毎回すりおろし(みじん切り)を終えたときには、味噌はしっかり冷めちゃってます(笑)
%e3%82%86%e3%81%9a%e5%91%b3%e5%99%8c%e6%89%8b%e4%bd%9c%e3%82%8a-2

尚、ゆずの皮はすりおろしたほうが良いかもしれないけど、特に花柚子の皮は柔らかくて、すりおろせず、みじん切りでやってます。だから、上の写真でもわかるように見た目はイマイチ。でも、皮の部分を食べても、味噌が甘いから気にならないし、柚子の香りも味もしっかりしていて、美味しいよ!(←開き直り?)

ネギとあわせたゆず味噌は、ご飯のお供に最高!

出来上がったゆず味噌を、刻んだネギとあわせると、最高だよ!

これをご飯にのせたら、もうご飯がススムったら、ありゃしない。おかわりコース突入です( *´艸`)

もちろんこれをオニギリの具にしても、最高!一度試してから、我が家はオニギリといえば、”ネギ入りのゆず味噌”が定番ですヾ(*´∀`*)ノまたバーベキューで、ゆず味噌の焼きおにぎりを作ってみたら、文句なしの美味しさ♡
 

ゆず味噌を野菜につけても美味しい!

柚子味噌をカブの煮物やふろふき大根につけると、最高だよ!
%e3%82%ab%e3%83%96%e3%81%ae%e7%85%ae%e7%89%a9%e3%81%ab%e6%9f%9a%e5%ad%90%e3%81%bf%e3%81%9d%e3%81%b4%e3%81%a3%e3%81%9f%e3%82%8a

ゆずで作れるのは、ゆず味噌だけじゃない!

いままで柚子をもらっても、お風呂に入れるくらいだったけど、田舎に移住して、ゆずが大量にGETできるようになったんで、ググってみて、アラ、ビックリ。意外に多くの料理に使えるのね。

ってことで、1年目に、ゆずジャム、ゆず酒、ゆず味噌、ゆずポン酢、ゆずゆべしにトライしたけど、ゆずゆべし以外は満足できるお味なんで、翌年から作るのが定番となってます。

その中で私の一番おすすめは、ゆず化粧水!だって、ゆず料理をすると余っちゃうゆずの種。これと日本酒で化粧水が作れちゃうんだもん。簡単につくれて、コスパはいい上に、しっとりスベスベの素敵な化粧水だよ。是非つくってみてね。

私のオススメ順に、ゆず料理を紹介します。どれも我が家の定番だよ。お試しあれ( `ー´)ノ

スポンサーリンク