山里に暮らし始めてから、山里の恩恵の山菜をいただけるように。しかも今回は山菜の王様と言われているタラの芽♡しかもその人の家で育てているため、本当にとったばかりのやつだから、虫付きです。

タラの芽といえば、天ぷら!ってことで、よく我が家は天ぷらで食べてます。天ぷら、最高~!(^^)!。

虫干しと下処理

こちら収穫したばかりのタラの芽。

タラの芽には黒い小さい虫が、よくついてます。木の樹液かなんかが好きなんだろうね。虫は、だいたいハカマの中(赤矢印)にいます。だからハカマをとって、そのままお外(我が家では縁台)に1時間放置しておけば、虫はたいていいなくなるとのこと。

でも実際はハカマをとって放置しても、ちょいちょい残っているけどね。でも害はないんで、見つけ次第、潰しておけばOKです(※。最初は慌てふためいていたのに、田舎暮らしで虫に強くなりました(。-`ω-))

私はこの時に下の硬いところを切って、面取り。あと茎の断面にも火が通りやすいように、十字に切り込みをいれてるよ。

尚、天ぷらにするときは、あく抜きは不要!だから、このままあげちゃいます。ちなみにトゲがちょっと痛いけど、天ぷらにすると不思議なことに全く気にならないんだよ!

天ぷら粉で揚げる

  1. 分量通りに天ぷら粉を水に溶く
  2. タラの芽に衣をつける
  3. 高温の油でカラッと揚げる

これで完成♡私は粗塩で食べるのが好き。タラの芽の風味が口いっぱいに広がって、最高です!ちなみに保育園の娘はタラの芽を食べないんで、我が家はもも肉を天ぷらにして揚げてます。今回はアスパラも一緒に揚げたよ。

ママ

ご近所さんに許可をもらって、タラの芽を収穫させてもらいました!が、これが大変。タラの芽は高いところにあるから、高枝ハサミを使ってとるんだけど、腕をあげっぱなしだし、上を向きっぱなしだから、少し収穫するだけでクタクタに。でもそれだけ苦労する価値のある味です。あー、早く食べたい!!

山菜の時期は、天ぷらが美味しいから、春のこの時期は天ぷら率が高し。そこでタラの芽を肉巻きにしてみたら、これまた美味しかった。オススメだよ!

スポンサーリンク