パパリンが精神的に大荒れだった頃の日記を見つけたので、リライト。あの頃、ほんとに愛犬ちゃんに助けられたなぁ…。ありがとうね!無邪気な笑顔に、私もパパリンもとっても救われたよ!

———–

パパリンが精神的に荒れ、ヒドイときには、愛犬ちゃんにも八つ当たりしていました。それがわかるのか、パパリンを見るといつもは尻尾を振って近寄っていくのに、その時は近寄って行きませんでした。

そして怯えた顔をしながら、私の方を見てきました。とても切くなりました。でもパパリンは、普段は愛犬ちゃんをすごく可愛がっています。イライラのせい、心の病気のせいなのです。だから、何も言えまえんでした。一番つらいのはパパリンだから‥。

切ないのは愛犬ちゃんが、いつもどおりに夫のパパリンに駆け寄り、でもパパリンに八つ当たりされちゃって、きゅーんという悲しい顔をしながらも、それでも懸命にパパの傍にいました。何度も涙が出そうになりました。

そういえば、私が不妊で、精神的にどん底だった時。何度か泣いていたとき、私の涙をぺろっと舐めてくれていました。小さい体と頭で、必死で私やパパリンを元気にしようとしてくれたんだろうな~。そのおかげで、私は元気になれたよ。

パパリンの調子が悪い時は、私も愛犬ちゃんも、散歩の時間にリラックスできました。愛犬ちゃんはいつも散歩大好きで、尻尾フリフリですが、その時はいつもよりもごきげんなようにも見えました。

調子が戻って、パパリンが普段通りに戻っても、やっぱり昨日の今日でか、パパリンの傍には前ほど近寄っていませんでした。でも普段通りに戻ったのがわかってからは、少しづつまた近寄っていました。

本当にありがとう。パパリンの調子が良くなったのも、愛犬ちゃんのおかげだよ!私が乗りきれたのも、愛犬ちゃんのおかげだよ!!愛犬ちゃんは、無邪気な振る舞いで、私を、パパリンを元気にしてくれます。

まだパパリンの調子が不安定で、また崩れちゃったら、ごめんね。でもパパリンも、私も愛犬ちゃんが大好きだよ!それだけは、忘れないでね。本当にありがとうね。

%e6%84%9b%e7%8a%ac%e3%81%a8%e6%9a%ae%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%a8%e5%b9%b8%e3%81%9b
私もママとパパが大好きだよ!

—————————

今も愛犬ちゃんには元気をもらっています。娘が産まれてから、暫くは愛犬ちゃん。寂しそうでした。で、今でも娘が寝ると、嬉しそうに私やパパリンに甘えてきます。愛犬ちゃんが傍にいるだけで、私もパパリンも癒されるよ。これからも一緒に楽しく、暮らしていこうね!

スポンサーリンク