秋に時地区で開催された「芋ほり」

家族で参加して、たくさんのサツマイモ(その他もろもろ)をいただきました。

image

焼き芋やサツマイモプリン、さつまいもケーキなどにして美味しく食したのですが、まだまだ残っています。

そこで、干し芋作りに挑戦することに。種類は「鳴門金時」

きれいに洗って、程よい大きさに切って蒸す。
今回は、1.5時間。

imageimage

熱々のうちに皮をむき、冷めてから切る。
この白いのはあった方がいいのか、それともない方がいいのか…
食べてみればわかるかな。

image

そして干す。
うちでは、このカゴを愛用しています。

image

今回、天気予報で晴れ(雨が降らないだろう)が続く日を選んでトライしてみました。

1日後
干し芋と呼ぶにはまだまだ。

2日後
朝から雪。(予報の嘘つき!)
干し芋はもう一息。

3日後
あーこれくらいが丁度いいかな。
固すぎず、柔らかすぎず。
思っていたよりも甘くないのですが、噛んでいるうちにジワーッと甘さが広がってきます。

image

定番確定です。

 

スポンサーリンク