薪ストーブに興味があったので、輸入薪ストーブ屋に行ってみました。結論から言うと、完全に予算オーバー。うん、無理。っていうか、すっぱり諦めがつきました(笑)

薪ストーブは本体以外の設置費用も高い!

今回お店で教えてもらった薪ストーブ費用 (※写真はパンフレットから)

薪ストーブ

  • 薪ストーブ本体が50~60万円
  • 煙突だけで1メートルで4万円。4~5メートルが理想だから、だいたい16~20万円
  • 煙突設置費用などで、だいたい20万円
  • 施工費 20万円

以上で合計106-120万円。

他にも薪ストーブを設置するには、床や壁にレンガとか耐熱性のものが別途必要。更には、空気の流れをよくするためにも、天井にファンを付けることを勧められ、それが約10万円。

…高すぎでしょ!?完全に予算オーバーですわ。

薪ストーブ本体はモノが良いのは、50万円くらいとは知っていたけど、それ以外がこんなに高いとは!驚きでした!!

田舎に移住した場所は里山なので、

”薪が手に入りやすいかな~。だったら薪ストーブもいいなー”

程度の軽い気持ちで見に行ったけど、甘かった(←里山資本主義を読んだ影響もある。影響受けやすい私)。当初の予定通り、ロケットストーブを考えよう!

ちなみにお店で明々と薪が燃えている薪ストーブを見てきたけど、あったかい~♡本当に、マジで。じんわりと暖かくなるし、なんか心が安らぐんですよね。でもまぁ、2歳の娘が大騒ぎして、そんなゆっくりできなかったけどね(泣)。

薪ストーブに興味のある人必見のサイト!

でもちょっと興味があったので、かるく調べてみたら、面白いサイトを見つけました。
誰も言わなかった薪ストーブの話

薪ストーブショップのオーナーが書いたページです。薪ストーブってイメージだけで買うと管理やメンテナンスが大変で、高い買い物のくせに、”邪魔”になってしまうことさえある、ということ((+_+))だから、本当に検討が必要なんですね。

確かに、”薪ストーブ”って、アナログ。ボタン押すだけで部屋を暖めてくれるファンヒーターと違って、薪をくべなくちゃいけないし、火の調整も必要。それに灰をとりだしり、煙突掃除とかも。いろいろ手間がかかる。

その中でも一番驚いたのは、”家全体を暖めるのに2-3時間必要”ということ(お店では教えてくれなかった)!

朝起きて、2-3時間なんて、もう出掛けちゃっているよ!!今まで勝手に薪ストーブだけで、家全体の暖房をまかなえちゃうかな~♡と思っていたけど、他の暖房器具との併用が必要なんだね。それに薪ストーブを使っている間は、定期的に薪をくべなくちゃないしね。

ちなみに、ファンヒーターみたいに簡単なのは、ペレットストーブ。薪ストーブのお店にあったけど、私がガッツリ影響を受けた里山資本主義にもこのペレットストーブが載っていて、勝手に”電気は不要”と思っていたけど、バリバリ必要でした。

電気で自動制御してくれる♪ということで、受けた印象は、原料が灯油ではないペレット。そのファンヒーター版です。

薪ストーブを見てきて思ったこと

田舎へ移住したら、薪ストーブは諦め、ロケットストーブをパパリンと試作してつくろうかな~。でもロケットストーブだけだと寒いし大変なので、エアコンなどと併用して!だね。

本当イメージだけじゃぁ、ダメだね。しっかりリサーチが必要なことが分かりました。

スポンサーリンク