私たち夫婦が移住場所を探すとき、気にしたのは”子育てに優しいかどうか”。で、上石津は大垣市の飛び地で、大垣市は子育て世代に優しいとのこと。

  • 子どもが18歳まで入院・通院ともに医療費が無料
  • 保育園費が全国平均の約半額 (※支援センターで聞いた話ね)

ならば!と思ったが、実際に住んでみたら、ココ上石津は子育て世代に優しくない。むしろ核家族に厳しい街でした。実際に住んでみないと、わからんもんですね。

そして是非、田舎の人が”普通”って思っていることが、移住組には普通でないことを分かって欲しい。

子育て世代は親と同居が当たり前

田舎の子育て世代は、ほとんどが親と同居。同居じゃない人もいるけど、隣の家に住んでいたり、超ご近所さんに親が住んでいるケースばかり。だから核家族は、移住組しかおりません

しかもその移住組も、保育園・小学生の子供もちは3組くらい?実は移住者が多いと謳ってるココ時地区でも、その移住組は、ほとんどが子供いない夫婦だけ。だから核家族の子育て世代は、本当に少数派なんです。だからこそ周りと違うんで、田舎での子育ての苦労は、暮らしてから痛感です。

保育園で標準保育をやってない

保育園って、短時間保育と標準保育の2種類あるんですよ。で、親と同居だと、無条件に短時間保育になるんです。

そして今娘が通っている保育園の園長に、試に標準保育があるか聞いてみたら、こう言われました。「みなさん、同居ばかりの方なんで…」。

要するに、やんわりと標準保育を断られたんです。しかも話によると、延長保育も嫌がられるとのこと。園児が少ないから、先生も本当に少ない。だからだってのは分かります。分かるんんだけど、それだと核家族は辛いです!いざって時に頼れないと、困るのは核家族です!!

ちなみに私はパートなんで、短時間保育で対応できる勤務なんだけど、共働きでフルタイム勤務だと、標準保育じゃないと無理です。その為わざわざ隣の地区の保育園に子供を預けているご夫婦もいます。納得ですわ。

ちなみに保育園ママに聞いてみたら、「標準保育って何?」って反応でした。

PTAで話し合いが遅い時間でもやることも!

園児は少ないけど、保育園は行事多いんです。だからPTAは”当たったら不運ではない。”PTAは必ずやらなくちゃいけない”んです。

しかもね、聞いた話、これが大変とのこと!役員になると、イベントの前にママたちが集まって、話し合いがあるんだけど、子供のお迎えに行った後が、話し合いタイムとなります。当然夕方からスタートです。

で、遅くまで話し合っていると、話し合いの際中に、子供のお迎えに親たち(子供の祖父母)がやってきます。周りの子供はお家に帰っていくけど、でも移住組はそんな親いません。そして子供達から”お腹すいたー!”って騒がれます。それが大変だったそうな。うん、大変です。

学童がない上に、小学校のPTA役員も!

この地区、学童ありません。隣の地区にあるけど、ここでは親と同居前提なんで、学童という文化がないんだと思われます。

それに子供が小学生になったら、週1日は早く帰ってくるので、保育園の時よりも早い時間に家にいなくてはなりません。小学校では行事や早い時間に帰宅する日が、月に1回はあるとのこと。核家族で親を頼れない、働いているママはいったいどうすれば…?

しかも小学生も児童は少ないんで、PTA役員は当然回ってきます。そして草刈りなんかのボランティアもあるし、年3回は廃品回収あります。ちなみに廃品回収は保育園生の親も担当なんで、先日初めてやりました。親が車で担当の家を回って、廃品を集め、小学校にもっていきます。子供の出番はなく、親だけの頑張りです。

つまり子育て世代が少ない分、田舎では子育て世代の負担は大きいんです。

高校生活3年間は、車で30分かけて親が子供を送迎するのが当然!

高校は近くにありません。で、聞いた話、子育てで一番大変なのが、子供が高校生の3年間。なんせ最寄り駅まで、親が車で片道30分かけて、毎日子供を送迎するとのこと!だから、朝早く(6時ころ)に家を出なくちゃいけないんですよ。しかもそれが3年間ですよ!!(※バスは地区内からも出ているが、時間が合わないとのこと)

しかもね、それが当たり前になっちゃってるんですよ。で、口を開いてみんな言うのが、「私もやったよ。大変だった~」って。つまり、”私もやったんだから、あなたもやるのよ。それが親の義務よ”って雰囲気なんですよ。

そんなの、毎日やるの?それが当然なの??

しかも高校に通うために、朝早く家を出るのが嫌だった。だから、”自分の子供に同じ思いをさせたくない”。そう思って、若い人が、ここから出て行っちゃうとのこと。そりゃー、そうなるだろうなー。そういう情報、移住前に知りたかったわ。

ちなみに中学校は、上石津にあって、ここからスクールバスも出ております。我が家はバス停に近いから大丈夫だけど、遠い家だと、親がバス停まで車で迎えに来ているのを見かけます。親は子供の送迎を頑張らなくちゃいけません

田舎では地区で行事があるが、集会は夜ばかり。子育て世代、辛いです

田舎では地区内の行事がしっかりとあります。私の住む地区では、月1回の神社の掃除、そして他にも役なんかまります。年1回は総会もあります。

月1回の掃除は、私かパパリンが出ているけど、出てくるのは親世代ばかり。私と同年代の子育て世代なんて、親が出ばかりです。総会も同じで、たいていは親世代。移住組しか、同じ世代いませんよ。

で、困るのが、総会とかの○○集会。ここでは”若い人が担当する役”なんてのも、あります。少子高齢化が甚だしいたので、当然役をやることが期待されます。

年1回の総会は、まぁ、頑張るとしても、それ以外は厳しいです。だって、集まりは基本、夜に開催なんですよ!たいてい夜7時頃から9時頃までね。でもね、夜、保育園児(小学生でも低学年は厳しい)を持つ子育て中のママ、参加できないです。だってママがいないと、子供が愚図るから!

特に我が家の3歳児は、最近お昼寝卒業モード。だから、早いときには晩御飯を食べ中にもウツラウツラ。私がお風呂に入っている時でも、ぐずって、泣いてます。ヒドイときは癇癪まで!そんな状況で、どうやって外へ出て行けと?普段はパパにべったりでも、眠い時はママなんですよ!

それなのにそういう状況を説明しても、簡単に言われましたよ。「だったら子供を連れて行けば?

言うのは簡単。でもね、連れて行ったらどうなるか、火を見るよりも明らか。だって、眠いモードですよ?もともと娘は人見知り激しんですよ。それなのに連れて行ったら、ギャン泣きなのは必須です。そうしたら”子供なんて連れてくるな!”って言われます。

っていうか、実際に言われました。引っ越し前のこと。地区の総会に家族で参加しました。夜だったのと、見知らぬ場所で人見知りした娘は大号泣!私は必死であやしてました。

そんな時に言われました。「そんなに泣かすのなら、子供なんて連れてくるな!」。もちろん「頼まれたから、連れてきたんです」って反論したけどね。

でもね、この時の言葉は、今も心に残ってます。子供が泣けば、文句を言われるんです。そんな状態で、話なんてできません。子供を一緒に連れていくなんて、できません!

ちなみに同じ子育て世代でも、みんな親と同居だから、核家族の大変さを分かってくれません。しっかり説明して、どうにかわかってくれるかなぁ?ってくらい。だから子供の小さいうちは、役を断りました。申し訳ないけど。

だから、ブーブー文句を言われてるだろうけど、田舎では、周りから何を言われても気にしないスルー力が必要です

尚、総会でも意見を言ったら言われました。「だったら夜にやってる会議に出て、意見を言って下さい」って。だから、夜に会議に出れないなら、意見を言うこと自体がタブーなのかもなぁ…。

田舎では子供を夜に連れ出すのも普通なんで、感覚が違う

田舎に移住して驚いたのが、夜でも子供を外に連れ出すこと。もちろん親つきだけどね。地区でバレーボール大会があって、その練習が夜(夜7時~9時頃)だったんだけど、我が家はどちらかは家で子供を見て、もう1人が参加するスタイル。でも他の家族は、子供を連れてきてたんですよ!

私、子供の頃に夜遅く家を出る経験をしてないんです。記憶あるのは、お正月に親せきの家に行って、晩御飯食べて家に帰ってくるときくらい…かな?ちなみにパパリンも同じ感覚。だから、子供を夜に外に連れ出す感覚が、我が家にはありません。だから、ビックリした。感覚が違うんですね。

ちなみに田舎のココは、夜になると鹿がでるとのこと。街灯も少ないんで、外は暗いです。それにムカデやマムシなんかも家の敷地内で見かけたんで、私は夜なんて怖いんで、用事があるとき以外は外に出ません。ましてや子供なんて、連れていけません。まぁ、私がビビりなだけかもしれないけど。

田舎ではマムシやムカデ、スズメバチ、とにかく危険な生物がいる!

田舎は自然の宝庫。ある程度の虫は覚悟していたけど、ココでは予想の斜め上をいきます。ミミズなんてみたことないでっかいサイズだし、ヒルなんて存在自体を初めて知りました。娘がブヨに刺され、ギャン泣きしました。蚊も異常にでかいし、やたら強力です。スズメバチも、普通に飛んでます。

そして困るのが、ムカデ!噛まれたら、非常に痛いらしい。そんな生物が、寝ようとした私の顔の上を横切りました。恐怖でした。それからムカデコロリを撒いて、異常に警戒しております。ちなみにお庭の石をひっくり返すと、普通にいます。

しかもココのムカデ、でかいです。5センチはゆうにあります。ヌシになると、足がオレンジ色をしていて、ぶっとい体です。そんなのを死骸だけど見たとき、恐怖を感じました。こんなのに噛まれたら…((+_+))

マムシもいます。しかも家の玄関の横で!こいつに噛まれたら、パンパンに腫れて、今は血清を撃たないから、かなりの日数入院することになるらしい。ちなみに噛まれたら、マムシと同じ模様がつくとのこと。子供の場合、最悪死に至ることもあるらしい。

そんな凶暴な奴らがいます。庭や家の中に。だから、子供には異常に気を使います。それなのに我が家のヤンチャは、草むらの中に平気で行きます。もう親は心配しっぱなしです。マムシやムカデは本当、想定外でした…

田舎ではみんな知っている事ばかり。でも移住した人は、知らないことばかりなんです…

コレ、子育て世代だけではない全世帯が思うことですが、田舎では昔から住んでいる顔なじみさんばかり。だから地区内の行事は、みんな既に知っています。でも私のような移住組は知らないことばかりなんです。それが困ること、結構あります。

例えば地区のバレーボール大会。会場が3つあって、その会場が離れていたんですよ。でもね、そんなこと、みんな知っていても、初参加した我が家、知りません。大会の前の開会式が小学校なんてのも知りません。だから開会式に行ったら、私たちがバレーする会場に行ったら誰もいませんでした。悲しかったし、寂しかった。

しかも子供がいるから、”違うチームにしてほしい”とお願いしていたんだけど、会場が離れているからと、パパリンと同じチームになってました。これも会場が3つあることを知らなかったから。しかもチームメンバーが最低4人で、私たち夫婦合わせて4人でした。決まってから、全てを知りました。

…あの、子供は誰が見るんですかどうすればいいんですか??

そして必死に子守してくれる人を探しました。いつもお世話になっているK原さんの頼めたから良かったけど、そうでなければ高速使って片道2時間かけて親に来てもらうコースでした。…地区の行事でそこまでしたくないです”(-“”-)”

ちなみに大会に出場することを頼まれたときに言われました。「できれば2人とも出てほしい」。それを真に受けて、無理して2人とも出たことを、マジ後悔した出来事でした

って話を戻して、こういう「アレ、知らなかった?」ってことが、いくつかありました。みんなが知っていること前提だから、困る。いろいろなことを、根掘り葉掘り聞かなくちゃいけない。そういうこと、ありますよ!

田舎では子育て世代の負担が大きい

田舎では、子供が自然の中でのびのびできるかな~と思っていたけど、周りに子供がすくない分、親の負担は大きいです。それを覚悟しておいてください。でもめいっぱい、自然の中で子育てはできます。おかげで子供は、たくましく育ってます!

田舎で暮らすには、何を優先するか?これが大事です。まぁ、我が家の場合、”パパリンの療養”が一番の目的で、それができているからいいんだけどね。

スポンサーリンク