スポンサーリンク

待機児童は、田舎でもある!

待機児童。この問題って、”田舎なら子供の数が少ないから関係ないだろうな”って勝手に思っていたけど、甘かった…。パパリンの具合も良くなってきたので、働くことを考え始めたけど、もうすぐ3歳になる娘を、今は預けられる保育園がない事が判明!!近くの保育園に聞いてみたら、「4月からは大丈夫だけど…」ってことでした。

そういう話はチラホラ聞いていて、大垣市に住んでいる人が、わざわざ車で片道30分かけて、上石津の保育園に預けに来ていたetc。話を総合しても、大垣市では2016年度、全体的に3歳未満児の預かり先がない状態らしい。

ちなみに支援センターの先生に教えてもらったんだけど、4月だと園児の入園数が分かっているから、園児の数にあわせて先生を配置できるけど、途中からだと先生の数を変えられないから、園児がいっぱいだとNGになってしまうとのこと。なるほどね~。

尚、近くの保育園の園児数は各学年で3~5人くらい。もともと先生の数が少ないから、受け入れられる園児数が少ないのかもな~。

田舎では待機児童は関係ないって思っていたけど、そんなことないですね。ただ4月からは娘は通う予定だけど、その場合は”Welcome”なんだけどね。そういうところは都会と違っているから、安心だけど、残念。

やんちゃ娘
もう少しママと一緒にいようね!それにしても、この子が保育園で暴れないか、今から心配だ…

追記
別の保育園に、3歳未満時に空きがあることが判明!しかも小規模保育園で、園児数が少ないうえに、家からも近いので、11月から通うことにしました!いやはや、よかったー。ちなみにわざわざ大垣市から車で片道30~40分かけて通う子もいるらしい。3歳未満児の受け入れ不足、本当どうにかしてほしい!ママの社会進出をと言っているのにねぇ。

スポンサーリンク


ご案内

管理人ちゃよの自己紹介

管理人ちゃよが、2016年3月に岐阜県の山里へ移住するまでに実際にしたこと

8年空き家だった古い家をDIYで快適に!

荒れ放題だったお庭をきれい&畑にする!

田舎に移住して始めた家庭菜園について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ