スポンサーリンク

[田舎移住]子連れで田舎の移住イベントに参加して思ったこと

子連れで移住するために地域イベントに参加して、私が思ったこと・気をつけたほうが良いことです。ちなみに、我が家は娘が2歳頃に参加したので大変だったけど、もう少し大きければ、もうちょっと楽だったかもなー。

子連れ率は低い!

田舎へ移住というと、子連れ世代は多いかと思いきや、おらず、ほとんどがシニア世代。なので、子連れは肩身が狭い、狭い。周りが子連れだらけなら良いんだけど、過去2回は我が家だけだったので、そりゃー、もう。周りの人に迷惑にならないようにするのが、大変でした。


本当は地元は子連れに来てほしいんだし、世の中全体が子供に寛大になってくれればいいんだけどね~

イベントに参加する前に、まずは子連れOKか確認を

市の職員と話をして知ったんだけど、地元は子連れ歓迎です。っていうか、本当は子連れに移住して来て欲しいんです。だから、”子育て支援”に力を入れている田舎が多いんです。こっそり聞いたところ、担当者がそう教えてくれました。

でもこういうイベントでは、そんなの言えない。シニア世代の参加者が多いから。だから子連れだろうと、関係なしの大人のスケジュール。それに企画自体は多くが男性だしね(←子連れの大変さを分かってないので、ママの担当者をマジ頼む!!)

なので、申し込む時に”子供が○歳ですが、大丈夫ですか?”と確認する方が、ベター。ちなみにイベントの多くは、市内の移動にバスを利用してるんだけど、バスならチャイルドシートなくてもOKです。

他にも、子供用の食事を準備する・しない、アレルギーの有無もあります。なので、いろいろ聞いておいたほうが、ベター。

スポンサーリンク

 

しっかり準備して田舎イベントを楽しもう!

持って行ったほうが良いもの

  • オムツ
  • 使用したオムツを入れるビニール袋
  • おしりふき
  • 着替え
  • お茶入れ
  • 飲み物 (夏場は多めに)
  • 子供用の食器とスプーン&フォーク
  • おやつ
  • 軽食
  • 子供用のエプロン
  • お絵描きetcのおもちゃ

トイレをみつけたらこまめに行くのが安心!

タイムスケジュールも、ほとんど大人用。頻繁にトイレ休憩なんて、ありません。なので、子供のオムツを替えるタイミングとかが難しかった。っていうか、おむつを変えられる場所がないことも

特に困ったのが、う○ち。早く変えたいのに、どうしよう~!!ってなった。実際にツアーの昼食後に、う○ちをしちゃって。でもお店ではオムツ交換できる場所がない。だから、しょうがなく外で変えました…。女の子なのに、本当ごめんよ。

(職員の人も私たちの様子を見て、申し訳なさそうにしていたけど、子連れに優しいお店にしてほしい)

多目的トイレとかあれば良いんだけど、なかなかありません。だからトイレを見つけたら、その時になるべくオムツを変えておくことをオススメします。またもうオムツを卒業していても、その時だけはオムツの方がベターです。だって、トイレ休憩。なかなかありませんから

ちなみにオムツを捨てられる場所は、あればラッキーくらい。なので、持ち帰られるように、ビニール袋はお多めに!

お昼寝したくてもタイミングが合わず、ぐずって大変

娘(2歳)はお昼寝をするけど、もちろんイベントのスケジュールはそんなの関係なし。なので、バス移動中ウトウトし始めても、すぐ着いちゃって、起きてしまい、グズグズ。って感じでした。なので、ひたすら抱っこ!これが、もう大変!!でもまぁ、結局は隙を見つけて、寝てくれるんだけどね。

軽食とおやつは必須!それにお絵かきも!

準備された食事は、大人好みの食事。なので子供が食べられることもあります。実際に昼食がソバの時は、アレルギーが怖くて、娘にまだ食べさせていなかったので、その時は持参したパンをあげました。

また予想外だったのは、ご飯時間に寝ちゃったとき。みんなが食べ終わってから起きちゃって、お腹すいたコール…。慌ててラスクを買って、あげました。なので、軽食かオヤツは必須です。子供は、本当、何が起こるかがわからない!

それにオヤツは断然オススメ。なんせ説明を聞いている間、子供は暇を持て余すから。もう騒ぐ、騒ぐ。外に避難させると、話は聞けないから、お絵かきとか、おやつとか。子供が大人しくしているものを準備することを、オススメします

子供用の食器は持っていったほうがベター

子供用の食器は、用意されていないことのほうが多いです。あればラッキー程度。スプーンとフォークも同じ。我が家はジップロックにいれて、持って行ってました。荷物は増えるけど、持っていったほうがベター。またボロボロこぼすようなら、エプロンもね。

夏場は飲み物を多めに!着替えも必須

夏場に参加したときのこと。汗が噴き出してきて、喉カラカラ。子供には麦茶or水をあげていたので、ペットボトルを多めに持って行って、本当に良かった(なかなか売っていない)。また汗だく娘を抱っこしているので、大人も汗だく。夏場は、大人も子供も、着替え必須です。

子供の面倒は、夫婦で交代で見てね。喧嘩の原因になりますよー!

イベント中は、子供は暇を持て余します。なので、まぁ、ぐずる、ぐずる(昼寝ができないことも重なって、更にね)。我が家は交代で外に連れ出して、遊ばせてました。なので、どちらか片方だけが話を聞いている、ということもしばしば。

子供は昼寝できないわ、退屈だわ、いつもと環境違うからそれだけでもうグズグズ。年齢によっては人見知りもあるし。いつも以上に大変でしたよ、本当。

我が家はパパリンが、非常に協力的だったので良かったけど、これが子供をママだけに任せちゃうと、夫婦喧嘩勃発でしょうね。さらに旦那さんだけが、田舎へ移住することにノリノリだと、まぁ、失敗するでしょうね。

こう話すのは、びっくりしたことがあったから。SAのお店で食事した時のこと。ある子連れ家庭では、パパは1人で先にパクパク。ママは子供にご飯をあげていて、おあずけ状態。

その後もパパは食事が終わっているにもかかわらず、子供を抱っこもせず、ボーッとしている。その間、ママは子供にご飯をあげつつ、自分の食事をようやくスタート。もちろん子供を抱っこしながら。

それをみて、衝撃でした。あー、”子供をママ任せって家庭、けっこうあるんだと。それにしても、せめてそこのパパ。食べ終わっているなら、子供を抱っこくらいしてあげなよー。それだけでママ、どれだけご飯が美味しくなるか!

子育ても、田舎へ移住も、”夫婦”のこと。是非、夫婦でイベントを楽しましょうね。

ちなみに我が家は、パパリンが娘にご飯をあげて、私が先に食べる。その後、パパリンと交代という流れで食べてました。パパリンの優しさをしみじみ実感。

移住イベントは積極的に参加しましょうね!

以上、ツラツラ書いたので、イベント参加に躊躇しちゃうかもしれないけど、準備すれば大丈夫!おかげで、我が家は良い候補地を見つけられました!気になる候補地があれば、どんどん参加してみてくださいね。

やっぱり、実際に見てみないと、わからないからね~
ebosidaketosakura

スポンサーリンク


ご案内

管理人ちゃよの自己紹介

管理人ちゃよが、2016年3月に岐阜県の山里へ移住するまでに実際にしたこと

8年空き家だった古い家をDIYで快適に!

荒れ放題だったお庭をきれい&畑にする!

田舎に移住して始めた家庭菜園について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ