串本の海は、世界最北限のテーブルサンゴの大群落が広がる海です。昭和45年に日本で最初の海中公園に認定されています。串本海中公園では、海中展望塔や海中観光船で間近にそんな海を観察できます。尚、スキューバダイビングもできるそうです。

旅行雑誌のような青い海を期待していました。‥しかし生憎の雨で(那智の滝を参拝する予定を変更したので覚悟はしていました)、海の色が‥。おまけに水族館はやっていましたが、楽しみにしていた海中展望台も海中観光船も中止でした。とても残念(T_T)でも水族館だけは、楽しんできました。写真は水族館入口です。串本海中公園の水族館入り口

ちなみに入場料は下記です。尚、私達の場合は天候のための中止でしたので、水族館の入場料は1200円でした。

 チケット料金  大人 小・中学生  幼児(3歳以上)
水族館・海中展望塔入場券  1600円 700円 200円
 入場+乗船 セット券  2500円 1350円 200円
 海中観光船 乗船券  1800円 900円 200円

水族館では串本の海に住む熱帯魚や、サンゴが見れました。串本海中公園の水族館

またウミガメパークがあり、そこでウミガメを見ましたが、予想以上に大きくて、驚きました。また珍しい白色のウミガメがいましたので、写真をパチリ。眼の色や甲羅の色も他のウミガメと違いました。串本海中公園のウミガメ

また水中トンネルでは、サメも見れましたし、雨のためか無料でバックヤードも見せてくれました。結構楽しめました。尚、写真は売店から見えた海中展望台です。行けなくて、残念。でもその分、串本周辺を観光できました。串本海中公園の海中展望台

スポンサーリンク