スポンサーリンク

[DIY]お風呂の土壁(?)を”漆喰うま~くヌレール”で塗ったら、段違いに明るくなった!大雑把な私でも結構満足の仕上がり(*^^)v

以前、パパりんにリビング&寝室の砂壁を”漆喰うま~くヌレール”で塗ってもらったら、ダントツに部屋明るくなりました!で、その時の漆喰がまだ半缶分(9キロくらい)残ったんですよね。色はクリーム!

で、以前から気になっていたお風呂の壁を塗ることに!だって、こんな土壁(?)で、暗いんだもん。だから、お風呂の壁は、砂壁の比じゃないくらい凸凹。それにしても、時代を感じる~

ちなみに、お風呂場でも使えるかな?と心配したけど、「腰より上なら塗ってOK」との記載が。我が家のお風呂場は、写真で分かるように、腰より下はタイルなんで、今回お風呂場にレッツトライ!!

今回は几帳面なパパリンではなく、大雑把な私が担当。パパリンにご指導してもらいながら、塗っていきました~。格好は汚れても気にならないように、作業着で

養生テープ貼り

柱に養生テープを貼る!漆喰が柱にふれると、色が変色しちゃうみたいなんで。コレ、実際にやってみると、結構、腕&首がキツイ。ずっと上向いているし、手を挙げての作業だからね。ふ~。

漆喰うま~くヌレールを塗る!

塗るのに必要なもの

  • うま~くヌレール
  • コテ
  • コテ板
  • ヘラ
  • (小さめの)お玉
  • ゴム手袋
  • 養生テープ

うま~くヌレールシリーズでは、角コテもあったけど、今回はコテだけ。部屋の隅とかはヘラを使用しました。で、このヘラ。使い終わった後に、コテについた漆喰を剥がすときにも役立ったし、角コテよりも全然安い(200円くらいのを使ったた)ので、オススメ!

また、前回はリビングと寝室だったから、ブルーシートを敷いて作業したんだけど、今回はお風呂場なんで、そのまま。でも塗っている時に、漆喰をお玉からコテに乗せる時にボロッと落ちたり、塗っている時に乗せすぎてボロッといったり。

乾いてからヘラで削ったけど、結構大変でした。なんで、ブルーシートを敷いておくことをお薦めします。それに、養生テープをはがしている時、乾いている漆喰がいっぱい降ってきたし。片付け、大変でした(*´Д`)

うま~くヌレールを塗っていく

お玉に漆喰うま~くヌレールをとって、コテの上に載せて、まずはコネコネ。おもちくらいの柔らかさになるまで。最初は固いけど、不思議なことに混ぜていくと、柔らかくなっていくんだな~。

今回も1回塗りで!

メーカーさんは2回を推奨しているけど、リビング&寝室の砂壁は1回塗りでいい感じだったし、何より2回塗りすると量が足りん!ってことで、今回も1回塗り

またコテは、左から右へ横方向に塗っていくだんけど、これがねぇ~、私のようなぶきっちょさんだと、厚くなっちゃう。それにね、隅っていうか、細かいところ、コテだとうまく操作できないんですよ。

なんで、真ん中の広いところだけをコテで塗って、隅はゴム手袋でべーっ塗りました。だって、コテだと細かい作業できないんだもん!!まぁ、しっかり見ちゃうとアレだけど、そんなザッパな塗り方でも、何とか形にはなりました(笑)

真ん中だけコテで塗って~ ゴム手袋で隅とか、細かいところを塗る!

暗かったお風呂場が、漆喰で明るく!

そんなザッパなやり方でササッと塗っていき、完成!おー、明るい!!

この後は、1日乾かす!で、この日はお風呂場は使えないので、家族みんなで銭湯へ(´▽`*)ちなみにリビングと寝室はパパリンが5日でやったけど、お風呂場は狭いし、家具移動もないので、3時間くらいで塗り終わりました!

養生テープをはがし、お掃除~

翌日、養生テープ剥がし!養生テープにベトベトついていた漆喰が、乾いてボロボロ頭の上から降ってきました。でも、結構楽しい(´▽`*)

そしてザザっと掃除し、その後に壁や床、シンクについちゃった漆喰をはがす(←これが大変だった)。

完成!!

そして完成したのが、コチラ!おー、明るい!!

最初と比べてみたら、一目瞭然。段違いに明るくなりました(´▽`*)

Before After

コンクリートも塗っちゃいました!

実はお風呂場、なぜか脱衣場側の一部、コンクリートになっていたんです。大家さんが塗ったのかなぁ?最初は土壁だけにしようと思ったけど、漆喰もちょっと余っていたんで、勢いで塗っちゃいました!そうしたら、明るくなったよ♪尚、メーカー推奨じゃない可能性大なんで、やるなら、自己責任で!!

Before After

漆喰うま~くヌレールを塗った感想

パパリンから聞いていたけど、結構時間がかかるし、大変!!でもね、塗ったら超明るくなって、大満足!

また塗っている間は、”うわー、厚くなった”とか塗りムラが気になっちゃうけど、後で見たら大丈夫!そういうのも含めて、アジがある仕上がりになります!だって、左官屋さんじゃない、素人だしね。

人が来るところだとどうだろう?、な~んて思ってもね、意外にみんな、気になりませんよ。遠めにしか見ないし、全体を見れば、結構いい感じになりますよ~。

あと、塗っている時、窓は開けて喚起してました。匂いもするし。なんで実際に作業したのは、7月頃(記事書き遅くなっちゃった)。冬は寒いし、漆喰がなかなか乾かないんで、別の時期にオススメします。

またこの”うま~くヌレール”じゃない普通の漆喰だと、最初にちょうどいい硬さになるようにコネコネするのが大変&難しいらしい。でもこの漆喰”うま~くヌレール”だと、最初からコネてあるから、そんな心配要らないですよ。ただ塗る前に、捏ねることは必要だけどね。

尚、前回は砂壁に塗る前に砂壁を固めるスプレーをしたけど、今回は土壁だったし、何もやりませんでした。それでも満足の仕上がりに♡

それにしても、自分でやると愛着もてますね。それに塗り塗りは、楽しい。大満足です(´▽`*)

スポンサーリンク


ご案内

管理人ちゃよの自己紹介

管理人ちゃよが、2016年3月に岐阜県の山里へ移住するまでに実際にしたこと

8年空き家だった古い家をDIYで快適に!

荒れ放題だったお庭をきれい&畑にする!

田舎に移住して始めた家庭菜園について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ