上石津という山里に暮らし、1年以上たち、少しづつここでの暮らしに慣れてきました。で、分かってきた”田舎あるある”を今回まとめてみました!

窓を開けっぱなしにせず、戸締りをしっかり!そうでないと奴らが来る!

暮らし始める前に教えてもらったことが、「留守の時は窓を開けっぱなしにせず、戸締りをしっかするように」とのこと。最初は泥棒?と思っていたけど、そこは違う。なんと「サルやネコが勝手に入ってきて、食べ物を持って行っちゃう」から!

野生のサルが、留守だと家の中に勝手に入り込んで、食べ物を持って行っちゃうなんて、最初はビックリしたけど、ココでは普通にあるし、よくその被害を聞く。商店をやっているK原さんなんて、お店の扉がちょっと開いていたらしく、なんと猿がお店の食パンをもって逃走したとか!

でもね、暮らしてみて納得。軒下に置いていたカボチャもとられたし、家のお庭や畑にせっかく育てている野菜(ジャガイモ、ナスとかキュウリ、豆。あげたらきりがないほどやられたetc)を勝手に食べられちゃう。

奴ら、人を怖がるけど、隙あらば、何か盗もうとするんですわ。本当困りもの。だからお出掛けするときは、いつも窓を閉めております。

ちなみにたま~に泥棒の被害もあるとか!でもそれよりも、猿被害の方がここではダントツ多いです。


家の前に来た野生の猿。写真撮っていても、逃げないんですよ、奴ら。猿にやられたジャガイモ畑。一度やられると、2~3日後に全滅をくらうことも…

同じ苗字の人が多い。みなさん、ご親戚!?

今住んでいるY地区は20世帯ほどなんだけど、びっくりしたのは、同じ苗字のK原さんが半数以上だということ!!会う人会う人、K原さんばかりで、不思議に思っていたら、そういうことなのねー。

家の裏に住むK原さんも、お世話になっている自治会長さんも、前の家に住んでいる方(1週間に一度くらい来ている)も、ついでに大家さんも、み~んな同じのK原さん!ちなみに親戚が多いらしいです。

なので、みなさん、下の名前で呼び合っています。しばらくは混乱したけど、暫くして慣れました。

尚、ちなみに他の地区でも、そうなのかなぁ?と不思議に思っていたら、なんとK原さんが多いのはこのY地区だけ。他の上石津全体はM輪さんと、K添さんが多いとのこと。なるほどね~。

上石津では夏でも夕立が降らない!冬は時雨れるから天気がよめない!

上石津でビックリしたのが、夏なのに夕立が降らないこと!愛知、山形、福島、山梨、三重県と今まで暮らしてきたけど、今まで普通に夕立は降っていたから、夕立がないなんて初めてかも!

以前住んでいた山梨県では、毎日のようにしょっちゅう夕立が降っていたから、仕事に行くときは、朝からいくらカンカン照りだろうと、外に洗濯物を干せなかった。なのにここでは降らないんだもん、本当場所によって違うもんですな。

ここは山里で、ここらへん山に囲まれているんですよ。で、阿下喜(車で20分の距離)で雨がザァザァ降ってようが、この辺はスッポリ降らないんですよ。なんだろう?雨雲の関係?
烏帽子岳

またココでは、夕方というか、夜に涼しくなる(*’▽’)日中暑くても、山里だからか夜は結構冷えるから、寝る時はちょこっと窓開けて、扇風機つければ寝れるよ!桑名の住宅街に住んでいた時は、連日熱帯夜で、エアコン止まるたびに起きていたけど、こっちは夜は快適

また冬は太陽がみえているのに、晴れているのに、雨が降るんですよ。ビックリ。ちなみにこういうのを、時雨れる(しぐれる)と、地元の方に教えてもらいました。だからお散歩に行くと、”ギャー、雨が”ってなったり、洗濯物を外に干して失敗したり。なかなか難しいもんです。

散歩時間が長くなった!

我が家には愛犬ちゃんがいるから、1日朝夕の2回、散歩に行きます。で、娘とパパリンと家族みんなで行く時も。で、そんな時はついつい散歩が長くっちゃいました。だってね、景色が良いので、つい歩きたくなるんですよ。家からちょっと歩くと、遠くに山、川、そして田園風景が広がります。
上石津の風景

そしてついつい川沿いか、こんな田んぼ道を歩いちゃう。どちらも気持ちいいし、四季を感じるよ!

それにちょっと遠回りすると、距離が伸びちゃう!だって、基本一本道だから!できれば、ぐる~と回って家に帰りたいけど、そうすると距離がググッと伸びちゃうんですよ。だから、ついつい結構な距離を、みんなで散歩しちゃいます。ちなみに2歳の頃の娘は抱っこ星人だったけど、3歳になってだいぶ歩くように!嬉しい!!

田舎の夜は静か。カエルや鳥の声がバックミュージック

ココは、すごい静かです。夜なんて、ご近所さんが車を走る音がたまにするくらい。飛行機が飛んでいると、しっかりその音が聞こえるし、鳥がないているのも聞こえて、本当に静か。

ただ春先、田んぼに水が張られると、カエルが大合唱スタート!我が家は田んぼから離れているのに、もう、しっかりと聞こえます。若干うるさいくらい。

でも私の実家なんて、線路が目の前で、TVの音が聞こえないほど、電車の音がうるさい(パパリンは何度泊まっても、なかなか寝れないらしい。私は慣れているから、グースカだけどね)。

それに駅が近いし、飲み屋もあるから、人の話し声や酔っ払いの声、果ては暴走族の騒音とか、うるさいったらありゃしない!そう考えると、カエルや鳥の鳴き声がバックミュージックなんて、風流でいいもんですな。

ちなみに保育園の年少になった娘は今、カエルをとるのに夢中で、保育園に迎えに行った後、園庭でカエルをおいかけてます。小さいうちに、こういう自然の中ならではの遊びをいっぱいしてね!!

ある日突然、畑にもみ殻が出現!

9月中旬のある日。ふと見たら、畑にこんなふうに大量のもみ殻が( ゚Д゚)

後でご近所さんに聞いたら、畑にもみ殻って使うから、頼んで籾殻を置いてもらったとのこと!なるほどね~。我が家もせっかくなんでいただき、畑に撒いたし、米袋に入れてもらいました。それにしても、もみ殻がいきなり出現していたのには、本当ビックリしたな~。

新鮮野菜は超美味しいし、自然と旬を意識するように!!

私、実は生野菜が苦手でした。でもココ上石津に暮らし始めてから、生野菜をボリボリ食べてます。だってね、野菜が美味しんですよ!!さっきまで畑に生えていた超新鮮なレタスとかキュウリとか食べているから、当然かもしれないけど、なんていうか味が濃いんですよね~。

しかもそんな美味しい野菜をご近所さんからいただくことも♡先日も愛犬ちゃんと散歩していたら、キュウリやナスをいただいたし、玉ねぎやキャベツなんかも!本当に有り難いです。

そんな環境だし、パパリンが家庭菜園をやり始めたこともって、自然と食べ物のを意識するように!年がら年中、スーパーで欲しい野菜は売っているけど、やっぱり旬は美味しいし、自家製の味は格別!(^^)!


春のある日の晩御飯。頂き物の山菜づくし♡(お肉の天ぷらは3歳の娘用ね)

ただ期間が短く、あっという間に終わっちゃう。だから旬に食べつくしたり、長期保存できるように工夫するように!春はタケコノや山菜、赤豆、夏はキュウリ、トマト、枝豆、秋は柿、柚子、冬は大根etc。あー、冷凍庫が欲しいーー。

庭が広いのを喜ぶのは、最初だけ!竹林もね!!ぶっちゃけ要らん…

お庭が広いことを喜んでいたけど、そんなのは最初だけ。5月頃からの草の伸び方が半端なく、あっという間にニョキニョキ生えました。それはもう、うんざりするほど。放っておくと、蚊は大量発生するし、マムシやら虫がきて、大変なことに…。

手では草に追い付かないので、しょうがなく、草刈り機を購入することに。女の私でも使い勝手良いBLACK+DECKERをチョイスし、早速刈る!どう?女の私でも十分刈れたよ!!

ちなみに草刈り機があれば楽だろうな♪、なんて思っていたけど、コレ、30分もやると腕が筋肉痛になります。翌朝筋肉痛で苦しみます。長時間できません。しかも暑いし。でもね、敷地は広いから、刈っても、刈っても草が生えてくる。…庭は狭くてもいいです。マジで”(-“”-)”

また我が家は竹林付きなんですよ。最初は喜んだよ。だって、春にタケノコはとれるから!でもね、タケノコ掘るのも大変だし、竹の管理は超大変なんです。竹の伐採とかしなくちゃいけないだけど、これがまた重労働!…竹林要らないっす。庭も狭くていいっす。喜んだのは、本当、最初だけだったなー

畑やらない?という話がやってくる

田舎では家庭菜園をみんなやっていると思いきや、やっているのは年配の方ばかり。私もパパリンも40歳くらいだけど、まさに親世代がやってます。同世代はいないなー。ちなみに、みなさんベテランなんで、親切に教えてくれます。真昼間にほうれん草に水やって枯らすという超初歩的なミスをしでかした私にもね。ありがたい!

でも年配の方ばかりなんで、畑をやる人が少なくなっているという大問題が!実際にやってわかったけど、畑って相当の重労働。しかもここ数年、猿が荒らしまわるから、その対策もやらなくちゃいけないんですよ。しかもとられちゃうから、やる気も減りますわ。だから、なんだろうな~。

しかも田舎は少子高齢化が甚だしいので、40歳くらいの我が家は若い人に分類されます( `ー´)ノ。だからだろうか、「ここの土地空いているから、畑やらない?」ってお誘いが1年3カ月で3回きました。結構ビックリ。

田舎では土地余ってます。お金を払って、市民農園なんて借りなくても、畑、やり放題ですよー!ただ手間はかかるし、お猿という大問題はあるけどね。

虫や動物の多さは半端ない!特に厄介なのがハチ、マムシ、ムカデ!

田舎は虫が多いと聞いてはいたけど、それはもう想像以上。多すぎってくらい、多いです。こんな”コイツ、なんだ?”っていう生物を見かけたし(しかも写真撮れるくらい動きが遅かった)。

他にも猿やハクビシン、キツネ、モグラ、なんかも見かけます。夜には鹿も見かけるし、鹿と車でぶつかっちゃうと、車が壊れちゃうことも多々あって、車の買い替えのタイミングが”鹿”ってことも結構あるらしい。ちなみに鹿は自賠責保険の対象外(動物は”モノ”扱い)なんで、田舎では車両保険に入っておくのがベター。

虫ももちろん多くて、夏は蚊取り線香が手放せません。でもね、一番怖いのは、スズメバチ、マムシ、ムカデ!!

スズメバチは何度もお庭で目撃し、家の中にも侵入されてパニくった。それにマムシなんて噛まれたら大人でも数カ月入院コースとなる程危ない(今は血清を打たないから期間が長くなるとのこと)。そんな奴が普通にお庭にいたし、玄関横に居座っていました…

しかもムカデ!こいつも厄介で、家の中に侵入してくるんですよ。私は幸いないことにまだ噛まれていないけど、噛まれるとメチャ痛いらしい。しかもホウキでたたいてもなかなか死なないくらい丈夫だし、困りもんです。詳しくは下記でまとめたけど、田舎は予想の斜め上をいくくらい、虫が大変です。

苗や花をプランターごと、いただくことも!

引っ越してすぐの頃、(当時2歳の)子供が好きだろうからと、イチゴの苗をプランターでいただいたのには本当、ビックリした( ゚Д゚)。できている苺をおすそ分けでもらうことはあっても、苗は初めてなんだもん!

そしてそのおかげで、娘は毎朝イチゴを指さして、リクエスト。真っ赤なイチゴを見ては、満面な笑顔でパクッと食べてました♡その顔が可愛く、我が家でも自分たちでイチゴを育てるように(笑)。でも子供の喜ぶ顔は、一番の原動力!
 

ちなみにイチゴの苗をいただいたお家では、毎年イチゴを育てていて、だからこうして苗をいただけたんです。ありがたい!他にも家庭菜園をやるお家が多いので、里芋とか、ネギとか、野菜の苗を何度かご指導付きでいただいてます!

また、お花もいただいちゃった。そのおかげで玄関の横が華やかに!

噂話が広がるのが早い

田舎でよく”あるある”なのが、噂話が広がるのが早いこと!住んでマジ実感です。早い、早い!!家庭菜園の”猿被害”なんて、直ぐに広がります。

が、時には間違った情報もすぐに広がっちゃう。先日Cafeがオープンしたんだけど、オープン前から”パン屋さん”と聞いていて、実際に行ってみたら生粋のCafeで、パンなんてほんのちょこっとでした。

田舎では、本当に口コミ力が半端ないですよ!ちなみに我が家も何か言われているだろうけど、気にしないことに。田舎ではスルー力も必須です。

お正月にはお餅配られ、神社には立派な門松が!

年末を実家で過ごし、年明けに戻ってきたら、なんと郵便受けにお餅が2つも!私の住むY地区にあるお寺さんと神社からで、地区の方が配ってくれました。ご近所さん付き合いがこんなに親密なのも、地区内にお寺さんがあるのも初めてだからビックリしたけど、ここでは昔からこれが普通なんだろうな~

また翌日、ご近所の神社に初詣に行ってみたら、立派な門松が( ゚Д゚)!これね、地区の方が当番で作っていて、「作り方は教えてあげられるけど、材料集めが大変。今年はいい材料が手に入った」とのこと。住む人は減ってきているけど、こういう伝統行事が残っているのはステキなんで、残していきたいな~。


ねっ!?立派な門松でしょ!?そしてなぜか気合入っている私。…なぜ?(笑)

まとめ

田舎暮らし始めてから、四季を感じるようになったし、自然を身近に感じるように!不便なこともいろいろあるけど、パパリンが以前よりも元気になり、娘もスクスク成長しているから良かった。田舎暮らしでは、何を優先するかが大事ですね。

興味があれば、こちらもどうぞ!

スポンサーリンク