スポンサーリンク

[DIY]薪棚ならぬ竹棚を作った!大満足の仕上がり(*’▽’)

我が家、将来的には薪ストーブを考えてます。だから、引っ越ししたときに太い木はわざとそのままに。だが、邪魔(←まだできてない)。更にココ、竹林付きの家だから、竹がいっぱい。置き場所に困る(*´Д`)で、薪棚ならぬ、竹棚を作ることに!!

必要な材料&道具の買い出し

最初に構想を練り、だいたい決めてから、材料買い。必要に応じて買い足し、結果的に使用したのが、以下の材料。

材料

  • 木材
  • 土台6つ
  • ペンキ
  • ポリカ屋根
  • 砂利
  • ビス

道具

  • クランプ
  • バケツ
  • ペンキ用のハケ&バケツ
  • 電動ドライバーやドリルのセット
  • ポリカ用のカッター

木材のペンキ塗り

まずは木材のペンキ塗り。屋外に置くもんなんで、ペンキを塗った方が長持ちするらしい。ちなみにコレ、大雑把な私が担当。しかも人生初塗り!不安もあるが、いざ作業着を着て、チャレンジ!!ペンキはコチラを使用。

こちらが竹棚材料(この他にも屋根の分も有り)

お庭にブルーシートを敷いて、竹を置き、その上に木材を並べて、ペンキを塗る!1面塗ったら乾かしつつ、4面全て塗る!

これね~、楽しい!塗るのって、楽しいし、気持ちいいね~。もちろん素人なんで、こんな風に液だれもしちゃったけどね。でも漆喰を塗っている時も思ったけど、塗っている間は細かいことが気になっちゃうけど、出来上がってみれば意外に気にならないもんさ!

ペンキは2度塗りね。一度目塗った時、やたら濃淡がでちゃって、色むらがはっきり。さすがの私でも、”大丈夫か、コレ?”って思うほどだったけど、2度塗りしたら、あら不思議。いい感じに。ペンキは2度塗りっていうけど、納得ですわ。下地のペンキがあると、2度目がムラなく塗れるのかなぁ?(それでもムラいっぱいだけど)

その後もひたすら塗る!

やった~、2度塗り終わった~!!後は乾かす!

翌日見てみたら、おっ、いい感じに♪うん、いい色!乾くと雰囲気変わるもんね~。大雑把な私でも、結構いい感じにできました(*^^)v

尚、後日、屋根の分を後で木材買ってペンキ塗りしたんですよ。すると、ペンキ塗りの最中に雨がぁっ(*´Д`)それでも塗っていたら、雨だれ模様ができちゃったんで、しょうがなく中断。ブルーシートをかぶせて、雨が止むのを待ってから、再度塗り塗りしたんだけど、大変だった~。

なんで、ペンキ塗りは晴れている日にやることをマジでお勧めします!!

基礎づくり

木をどけて、スペース確保!そこに石を撒きました。ちなみに石は庭でグランドカバーのクラピアを育てるためにどけたやつ。山積みなんで。

その後、買ってきた水平を取るための砂利を敷いて、砂をまいて、その上に土台を置いて、水平をとる。

が、あー、場所間違えた!枠組みも既に作っちゃったんで、それにあわせないと!!ってことで、慌てて、砂利の場所を移す。

で、この後は、水平器で確認しながら、水平をとる!!コレ、私に割り当てられた作業。…が、つまらん退屈(*´Д`)横を水平にとっても、縦が水平じゃない。むー、じれったい!!で、中断

その後、枠組みをできて、載せてみたら、アラ、意外にいい感じ♪ってことで、そのまま砂と砂利をいじりながら、微調整のみしました(←適当すぎ)。

その後に屋根付けようとしたら、歪んでいたりで、まぁ、当然のごとく、しっぺ返しを食らいました(パパリンごめんなさい<m(__)m>)。皆さん、基礎作り、手を抜かないでね(”ω”)ノ

竹棚づくり

まずは枠組を作る!

基礎作りと同時並行してやったのが、枠組み作り。これを土台にしていきます。コレね、木材が結構硬いんで、電動ドライバーでやりました。もちろんパパリン担当。私もやってみたが、固くて、全然釘が入っていかなくて、直ぐに断念。難しいもんだ。

こうやって棚組み~。すべて板を使って、高さを確認ながら作業しました。なんで、2人で作業やることをオススメ!我が家は3歳のヤンチャ娘が起きていたら、一人は子守だけど、この時はお昼寝♡なんでその隙にパパリンと2人でやりました。

同じのを作り、よし、できた!

起こすと、こんな感じ。棚っぽいでしょ?

これを基礎作りしたところに載せる!そして土台に電動ドライバーで、釘をうつ!!でも実は壁側(奥ね)はスペースがなくて、電動ドライバーが入らない!ってことで、釘は手前側しかやってません。でもきっと大丈夫!…ハズ。(※私が基礎作りに手を抜いたので一抹の不安あり)。

屋根の枠組み作り

ここまで作って、新たな問題発生!ココ、雪が降る(多いと積雪60~70cmクラス)んで、屋根に勾配をつける予定なんですよ。でもね、そうすると、こうなって、斜めに板を置いたら、隙間が発生して、釘がまっすぐ打てない!(※イメージ図ね。絵心ないのは知っているから、突っ込まないで!!)

で、ググって、パパリンが考案した方法がこちら。まずは横の木材をあて、クランプで挟みながら、いい位置に調整。ちなみに奥側も同じことをやったけど、基礎がダメダメなんで、斜めっていたらしく、木材の長さが合わずに切って調整。ごめんよ、パパリン。

位置調整したら、釘を打つ!…が、木材が固くて、電動ドライバーでも入らない!!で、電動ドリルで穴をあけ、手動でねじ止め。

位置調整しながら、ネジを打つ!

次に奥側も同じように木材を横に通し、ネジうち(赤矢印)。その後、前側のごちゃごちゃを隠すために、手前にも木材を当てて、ネジうち(青矢印)。斜めに渡した木材(緑矢印)は、ネジうちをしてません。

横側もごちゃごちゃを隠すために、板でお化粧。その後、上側にも板を2枚置き、さっきの斜めの板(緑矢印)の板と打ち付ける。

上側を外すと、こんな感じ。

外した上側。これだとポリカ屋根をつけやすいんだよね~

ポリカ屋根をつける

ってことで、さっそくポリカ屋根をつける!

ポリカが長いので、こちらのポリカ専用のカッターで切る。ビスもそれ用を。

屋根の長さにカットし、ビス打ち。これ、電動ドリルで穴を開け、手動でネジ止め。で、屋根ができた!!

そして竹棚の上に乗せて、無事完成!!やったーヾ(*´∀`*)ノ

正面から見るとこんな感じ♡

そして長い竹も置く。竹もいっぱい収納できて、大満足(*’▽’)

1つ1つ手作りしたり、塗ったりしながら、不便な空家がだんだんと快適になってきてるのが嬉しい&楽しい(*´∀`*)

スポンサーリンク


ご案内

管理人ちゃよの自己紹介

管理人ちゃよが、2016年3月に岐阜県の山里へ移住するまでに実際にしたこと

8年空き家だった古い家をDIYで快適に!

荒れ放題だったお庭をきれい&畑にする!

田舎に移住して始めた家庭菜園について

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ