映画「WOOD JOB」の舞台となった津市美杉町でお祭りが開催されるとのことで、映画ロケ地ツアー目当てに行ってきました。ちなみに三杉町は原作「神去なぁなぁ日常」の著者:三浦しをんさんのおじいさんが住んでいたということですよー。

祭りのチラシはこちら。
美杉なあなあまつり

尚、チラシの裏面に「久居ICから車で40分」とあり、ネットで検索してみると、別のICで降りると、大変な道を通るとのこと。なんで、ちゃんと久居ICから降りて行ってきたけど、ICから遠い上に、結構な山道でした。他の道って、いったいどんな…?考えただけでも怖い、怖い。

また道の駅「美杉」会場へ行ったら、周り見渡せば、山だらけ。それはビックリするほど。でもまぁ、その分、空気は清々しかったですよ~。

ちなみにお祭りは、”WOOD JOB”に絡めたイベントが盛りだくさん!木工教室などもあったよー。夏で暑かったけど、楽しかった。私はそこで飲んだ梅ソーダーが美味しかった。ただ行くまで、大変だったけどね。でも楽しめたよ!

ちなみに美杉町には、最近は若い人も移住しているらしいけど、大半は林業。それに買い物は不便みたい。

ロケ地ツアー最高!裏話も聞けちゃいました

さてさて。私のメインであるWOOD JOBロケ地ツアー。バスでロケ地を回ったんだけど(しかも無料♡)、映画のプロデューサーもいて、裏話も聞けちゃいました。イヤハヤ、楽しかった~(*´▽`*)

ヨキの家

映画では目の前が田んぼだったけど、今は休耕田。なんと映画のためにスタッフが耕して田植えしたそうです。確かに田んぼの緑の有無で、印象が全然変わるなー。ちなみに左側の石垣が、ヨキが軽トラックに飛び乗るために走った場所。
ヨキの家

この時の裏話がショック。なんとヨキ役の伊藤さんは、”色が白すぎる”と本職の方々に言われ、日焼けサロンに行って肌を焼いたんだけど、日焼けしすぎてしまって、肌がヒリヒリ。

それでヨボヨボのおじいちゃんみたいになってしまった。で、その状態で例の軽トラックに乗るシーンを演じたとのこと。まぁ、この時は伊藤さんが早すぎて、NGだったらしいけど。伊藤さんの俳優魂に脱帽。でもさぁ、私の胸キュンかえせーー!!あの軽トラの場面で、キュンキュン来たのにーーー!!

ナオキの家

さて。気を取り直して、次はナオキの家。ちなみに、ナオキの家の前にあった赤い車は、わざわざ映画のために運んだとのことで、びっくり。
ナオキの家2

ナオキの家

中村林業

中村林業
ここで聞いた裏話は、親方さんに挨拶にやって来たユウキが、いきなり犬に発情された時の話。最初タレント犬に問い合わせたら、発情している犬なんていないと断られ、あの犬ちゃんは現地調達したとのこと。

更に足にしがみついて、発情するように訓練までしたとのこと(笑)。飼い主さん、その後、大変だっただろうになぁ~

小学校

校庭でナオキとユウキがドッジボールをした場所。2人とも運動神経が良くて、ちゃんと本人が演じたということ。すごい!
神去小学校

キャストのサイン

ロケをしたヨキの家。その隣家のふすまには、キャストのサインが!もちろん主演の染谷君のサインも!ありがたくパリリ。
キャストのサイン

ロケ地ツアーで聞いた他の裏話

  • 実際の役者さんだと、ヨキよりもユウキのほうが木を切るのが、上手だった。(染谷さんはわざと下手に切っていた?)
  • ヨキになりきるために、伊藤さんは毎朝肉を食い、更に撮影現場まで歩いていた(30~60分くらい?)!!役作り、半端ない。
  • シカの死体だけど、映画では本物を使おうとして、シカが網にかかるのを待っていた。だが、実際に掛かったのを見たら、直ぐに虫が湧いてしまい、断念。で、はく製となった。

これに派生してびっくりしたのは、実はシカって、食べるところが少ないこと!解体後の処理も大変だし、殺すのも、捌くのも免許がいるんだって!

今まで「シカが多くて困っている」という報道を見るたびに、”たくさん駆除して、それを肉にすればいいじゃん。ジビエ料理で町おこしにもなるし”。な~んて軽く思っていたけど、そんな簡単なことじゃないんだねー。

お土産

ロケ地ツアーのお土産で、「WOOD JOB」のステッカーと、「神去村」とプリントされたタオルもいただいちゃいました!
ロケ地ツアーのお土産最高

神去村タオル

ロケ地ツアーの感想

ロケ地ツアーは、最高に楽しかった!!ただロケ地ツアーに来ている人でも、意外に映画を見ていない人が多いのか、イマイチ盛り上がらなかった感があったのが、残念。私ともう1人くらいだけだなぁ。バンバン質問していて、ノリノリだったのは。

ちなみに、映画のハイライトである御神木で下りてくるシーン。あの撮影場所は、今回見れず。別の場所で撮影したとのこと。ちょっと残念。

また御神木も作り物で、祭りの会場に飾ってありました。実物を見るのと映画で見るのとは、随分印象が違うもんだな~。映画のマジック!?

尚、ネットで知って驚いたのは、夏に市主催で開催したロケ地ツアーはすぐ定員となり、参加できない人が続出だったとか。それが祭りだと気軽に行けたので、穴場ですよ!!

映画「WOOD JOB」と原作「神去なあなあ日常」。どちらもオススメ!また映画にはオンデマンド版もあるよ~。

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディション
東宝 (2014-11-19)
売り上げランキング: 16,816

スポンサーリンク