今年はヒドイ風邪をひきました。喉が痛くて、声が出ないし、常にイガイガでヒリヒリ。夜に寝ようと横になると、咳こんじゃって、なかなか眠れないほど。もうツラくて、しょうがない!

でもお庭に生えているセージやタイムには殺菌作用が強いということから、ハーブでうがい薬を作ってみたら、これが当たり!喉がすごくスッキリするよ。もちろんハーブだから例え飲んでも大丈夫だし、安心。これで何度もうがいをしていたら、だいぶ楽になったよ(●´ω`●)

セージのうがい薬の作り方

作り方っていうほどおおげさなもんじゃないです。超簡単です。一言でいうなら、「濃い目のハーブティー」です(`・ω・´)

  1. お庭からセージをとってくる
  2. 葉だけをとって、水でササっと洗う
  3. ポッドに入れて、お湯を注ぐ
  4. 蓋をして15分蒸らす
  5. 葉を濾して、出来上がり!

超簡単です。でもこれでウガイするとノドに良いよ。最初口に含んだ時なんて、あまりの清涼感にビックリした( ゚Д゚)。それくらいセージだとミントみたいに清涼感たっぷりで、スースーするよ。それでいて喉が楽になります。

朝が特に声が出なかったけど、これで何度かウガイすると、しゃがれた声だけど、なんとか出るようになりました。

ちなみに、私はうがいしやすいように、冷めてから500mlペットボトルに入れて、冷蔵庫に入れて保存。うがいする時にコップに注いで、うがい薬として使ってました。日持ちはしないから、1~2日ほどで使い切ってね。また濃すぎる時は、水で薄めて調整してください。

セージは生でもドライでもOK!

うがい薬に使うセージは生でもドライでもOK!パパリンが喉風邪がヒドイ私のためにたっぷりとってきてくれたから、最初は生。残りはネットで乾燥がてら干しておき、翌日以降はそれを使ってました。

あまりにもノドによかったから、冬に向けて、チョコチョコ乾燥させて、瓶詰め保存しておこう(。-`ω-)

うがい薬にタイムも良いよ!

実はうがい薬としてハーブの本で紹介されていたのはタイム。でも私は間違えて、セージでやってみたんです。そうしたらセージだと清涼感あったし、ノドが楽になったんで、暫くはセージでウガイしてました。

その後、タイムでうがいをしてみたら、タイムも良い(*‘∀‘)セージよりも清涼感は少ないけど、ノドが楽になりました。我が家はレモンタイムでほんのりレモンの香りがしたし、セージよりも穏やかな味だから、保育園の娘にはこっちの方がよさそう。

作り方もセージと同じで、葉をポッドに入れて、お湯注いで、15分蒸らしただけ!「濃い目のハーブティー」です!

ハーブのセージとタイムでのうがい薬はおすすめ!

ハーブのセージとタイムには、どちらも殺菌作用があるんです。だからウガイすると、喉のイガイガが楽になるよ~。しかもハーブだから、もし間違って飲んじゃってもOK。安心・安全なウガイ薬です(●´ω`●)。

ただセージの方が強烈だったから、小さい子供にはタイムの方がおすすめですな。

我が家はお庭で育てているから、気軽に使えるのも嬉しいところ。冬の風邪本番に備えて、早めにタイム、セージは乾燥させて、ドライで作っておこう!

育てていない人はハーブティーとして常備しておくのがおすすめ!

また喉が痛いとき、同じく殺菌作用が高いというシソジュースをがぶ飲みしてました。そうしたらだいぶ楽になったよ!赤シソだけじゃなく、青シソでもOKだから、シソがあるならジュースがおすすめです。

スポンサーリンク