我が家は古い。築何年だろ?50年くらい?それ以上?まぁ、とにかく年代物。そんな我が家のリビングと寝室の壁は砂壁!これ、なにが困るかというと、触るとポロポロこぼれること。なんせ2歳の娘は触りまくるから、大変なことに( ;∀;)

砂壁は崩れる (1) 砂壁は触るとこぼれる
こうやって壁に触ると~ ほら!手にくっついてくる”(-“”-)”

しかも色がなんていうか暗い色で、そのせいで部屋全体が暗い感じ。だから、前々から”壁を何とかしたいな~”とパパリンと相談して決めた。漆喰を塗る!そうすれば砂壁もポロポロ落ちてこないし、部屋も明るくなる!!

…が、私もパパリンも、当然素人。”上手に塗れるかなぁ?”と心配していたら、初心者向きの漆喰を発見!その名もズバリ、「漆喰うま~くヌレール」!

”漆喰うま~くヌレール”で、砂壁を塗る!

漆喰って、塗る前に混ぜ合わすんだけど、これが大変だし、うまく塗るには固くても緩くてもNG!難しいんです。でもこの”うま~くヌレール”なら、既に混ぜ合わさっているから、開けたらすぐに使えるし、素人でも上手に塗れるとのこと。

うま~くヌレールはカラーラインナップが豊富!

漆喰の色は種類があって、我が家は定番の白ではなく、クリーム色をチョイス。18キロ1缶買ったけど、作業中に足りなくなって、もう一缶買ったよ。結構たくさんの量が必要です。

うまく塗れる漆喰

うま~くヌレールを塗る前の下準備

まずはDVDでお勉強

うま~くヌレールのありがたいのは、販売している日本プラスターのHPからDVDをもらえること!やっぱりお高い買い物だし、失敗したくないから、我が家も申し込み。後日、無事にDVDが届いたので、さっそく見る!

漆喰塗る前にDVD 漆喰塗るための準備
パンフレットを読んでから~ 届いたDVDでお勉強!

砂壁を固めるスプレーはマジでオススメ!

ホームセンターで砂壁を固めるスプレー発見したんで、塗る前に砂壁にスプレーをしてみたよ。ただ今回リビングと寝室の2部屋をやったから、途中で足りなくなって、片方の部屋はちゃんとできたけど、もう片方はちょっとしかできず。”そんなに出来は変わらないだろう”と思っていたのに、実際は変わって、ビックリ(*´Д`)

スプレーした方は、漆喰を塗った翌日、壁にひび割れしなかったのに、スプレーをしなかった方はひび割れしちゃったんだよね。で、その箇所だけは重ね塗り(写真赤丸ね)。そうしたら、目立たなくはなったよ。

ということで、一番良いのは砂壁をとっちゃうことだろうけど、それができない場合はスプレーを最初にしっかりしておくことを、マジでお薦めします

養生テープ貼り&家具移動

漆喰がついちゃうと変色しちゃうから、漆喰を塗る前に柱を養生テープで保護!家具は塗るのに邪魔だし、何よりも汚れると困るから、別の部屋に移動。更に部屋にはブルーシートを敷いて、床を保護したよ。

なにげにこれら、重労働です。だって柱に養生テープを貼っている間は、ずっと上向いているから、手を挙げての作業。だから、腕や首が辛いんですわ。しかも家具は重いしね。ふ~

漆喰塗り
漆喰塗り中。こんな感じで柱には養生テープ。床にはブルーシート

いよいようま~くヌレールを塗っていく!

漆喰を塗るのに必要なもの

  • うま~くヌレール (18キロ2缶。ただ半缶ほど余ったよ)
  • コテ
  • コテ板
  • ヘラ
  • (小さめの)お玉
  • ゴム手袋
  • 養生テープ
  • ブルーシート

うま~くヌレールシリーズでは、角コテもあったけど、今回はコテだけにして、部屋の隅とかはヘラで塗りました。このヘラは、使い終わった後に、コテについた漆喰を剥がすときにも役立ったし、角コテよりも全然安い(200円くらいのを使った)から、オススメだよ!

ママ

大雑把な私が後日、お風呂場を塗った時は、真ん中だけをコテで塗って、隅はゴム手袋でべ~って塗ったよ。そんなやり方でも、アジがある仕上がりになったよ!

漆喰うま~くヌレールをコテに乗せて、1度塗りする!

漆喰うま~くヌレールをお玉でとって、コテの上に載せて、まずはコネコネ。おもちくらいの柔らかさになるまで、こねるんです。最初は固いけど、不思議なことに混ぜていくと、柔らかくなっていくよ。それから壁に塗っていきます。

ここで砂壁の場合は、”1回塗って、翌日乾燥してから再度塗る”という2度塗りを、メーカーは薦めていたけど、我が家は1回塗りだけ。壁に凹凸があったから、塗っていたら結構厚めになっちゃったし、何よりも2度塗りしたら漆喰が足りなくなるから!!

それに塗った翌日に見てみたら、予想よりも、下地の色が浮き上がらず、いい感じだったしね(●´ω`●)ゞてへぺろ

塗っている間は塗りムラとかがつい気になったけど、実際に終わっていれば、それも含めて全てアジのある仕上がり。それでも、素人にしては、満足レベルで塗れたよ!だって、コレだよ。リビングも寝室も、段違いに部屋が明るくなって、キレイになった!嬉しいったらありゃしない!!

漆喰を塗った後和室
寝室 Before After
砂壁を漆喰で塗る和室 漆喰を塗った後リビング
リビング Before After

リビング全体を見ると、漆喰を塗ったら、こんな風にキレイになったし、明るくなったーーヽ(´▽`)/
漆喰塗って明るく (2)

養生テープを剥がして、掃除と家具を移動して、終わり!

翌日、漆喰が乾いたら、養生テープをはがしたよ。が、これが汚れる、汚れる。養生テープにこびりついた漆喰が、ボロボロと頭の上から降ってくる~(@_@;)。だから、その後の掃除も大変だったよ。

その後に家具を元通りにして、終了。疲れたぁ~(;´Д`)

漆喰うま~くヌレールを塗った感想

漆喰を塗ったおかげで、断然部屋も明るくなったし、キレイになって、大満足!ただ以下の点に注意。

臭いには注意!

漆喰うま~くヌレールの臭いが結構キツイ。なんていうか、ケミカル臭で、まぁ、独特の臭いです。だから、塗っているときから部屋の窓を開けて、換気しないと、キツイです。しかも塗った後も、翌日というか、1日半くらいは臭ったよ( ;∀;)

作業時間は結構かかる&漆喰の量も必要

塗るのに時間かかるよ。今回はパパリン1人で作業して、2部屋を塗るのに5日かかったよ。

見上げる格好での作業だから、首や腕がパンパンになっちゃって、休み休みになる。それに養生テープ貼りや、家具移動。漆喰を塗った後の養生テープ剥がし、掃除も必要だから、結構時間がかかるよ。

また漆喰の量も必要で、我が家は2部屋で18キロを1缶半使いました。それでも昔の家だから、扉が多くて、壁は一般に比べたら少ないと思うけどね。だから、多めに準備しておくことをオススメします。

漆喰うま~くヌレールはお高いけど、蓋をしておけば、後日に使えるよ。実際に2ヶ月に、お風呂場の土壁を残った漆喰で塗ってみたら、表面はちょっと硬くなっていたけど、お玉にとってコテの上でコネコネしたら、すぐに柔らかくなって、充分使えました(o^^o)♪

漆喰の仕上がりに大満足!

漆喰を塗る作業は大変!でもそのおかげで、見て。リビングも寝室も、段違いにキレイになったし、部屋が明るくなったよ!壁を触っても、もうポロポロ落ちてこないし、大満足!(^^)!

尚、今回漆喰を塗っている間、私と娘は実家へ里帰り。なんせ2歳のやんちゃ娘は何するやら。壁を触る。缶を倒す。使っている椅子を占拠する。…etc。考えただけで、邪魔になるのは明白だから、今回はパパリン1人に頑張ってもらったよ。パパリン、お疲れさま!!

スポンサーリンク