衣装部屋にするお部屋(古い家は押し入れなんかもない。ウォークインクローゼットなんて、何語?って感じ)。

こちら若干、大家さんの布団などがありました(青いケースの中)。ちなみに布団は我が家で使用しているモノよりも良さそうなのでとっておいて、布団は実家へ仮置き。ケースは倉庫へ。
衣装部屋の片付け前 衣装置き場

あとゴザとかカーペットや畳、全てを剥がして、窓から放り投げて倉庫へ!すると、こんな感じ。やっと床がちゃんと見れたけど、意外に大丈夫そう(*´▽`*)
床は大丈夫そう

でもやっぱり畳が敷いてあったのをとっぱらったんで、強度が心配…。で、台所やパパリンの書斎のベコベコ床は、大工さんに板を敷いてもらって強度を上げたんですよ。

ってことで、今回は自分達でベニヤ板を貼って強度をアップさせることに!

早速部屋の長さを測って、その寸法に合わせ、ベニヤ板を近くのホームセンターでカットしてもらいました。
ベニヤ板を張る予定が

両面テープを使って床に敷こうと、まずは並べてみる。が、ここで驚く事実が!!なんとこのお家、かなりの年代物なんでうすよ。で、どうやら部屋が微妙にゆがんでいるみたい。そのせいでせっかくカットした板が敷けない!!いや、コレ、完全に想定外!せっかくカットまでしたのにぃ(T_T)

詳しく言うと、下記が書いた衣装部屋(※実際はちゃんとしたL字型ね!絵心のセンスなし)。赤矢印が測った部屋の寸法。で、私の中ではオレンジ矢印と赤矢印が同じ長さだと思っていたんですよ。が、実際は部屋がひずんでいて、赤とオレンジが同じ長さじゃなかった!だから、ベニヤ板が敷けなかったんです(;´Д`)

しかもね、この作業を引越し2日前に突貫でやりました。なんで、もちろん時間なし。

ってことで、急遽ベニヤ板を貼ることをやめることに!本当はベニヤ板の上に、クッションフロアでお化粧予定だったけど、急遽クッションフロアだけ敷きました(写真はあまりの時間のなさに撮ることできず)

で、完成したのはコチラ。うん、まぁ、いい感じ♫クッションフロアを敷くと、本当に見違えます(´∀`*)
クッションフロア敷いた

ちなみにコチラは衣装部屋なんで、今までの台所とか他に使っているものよりも、ちょっとお高く、湿気に強いやつです。色も他の部屋よりも、明るい色にしてみました!

かかった予算

  • クッションフロア  38×196=7,448円
  • クッションフロア用両面テープ  798円
  • クッションフロア継ぎ目剤 398円×2個=796円

合計9,042円!ただし養生テープは、以前まとめ買いしたコチラに含まれています。あと、ベニヤ板はカット代含め、4000円ほど。ベニヤ板は他にも使えるんで、そちらで使います。

今回の反省。ちゃんと部屋の寸法を測っても、古いと歪んいてることがある。だから、面倒でもこまめに測定することを、マジお薦めします。でないと、我が家のように泣きを見ることに(´;ω;`)ウゥゥ

またベニヤ板を敷けなくて強度に不安があったけど、1年以上経っても、今のところは全然大丈夫ですよ!古い家って、丈夫に作られているから、意外に大丈夫なのかなぁ?

それにしても今回も自分たちの力で快適になりました!

空き家に住む前にも住んでからも、自分たちでいろいろメンテナンスしています。これらまとめました。よければ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク