助っ人4人の協力もあり、ログハウス到着初日に、柱や梁を建てるところまで、進みました!

その後は、パパリンが1人でコツコツ作業してます。

初日の作業のいくつかに間違いが!リカバリーです!

2日目に雨だったこともあって、親和工業さんの説明書を読んでいたら、作業がいくつか間違っていたことが判明!柱が浮いたし、ビス留は忘れていたし、必要な部品もないし。で、ドタバタ。親和工業さんと電話で確認しながらの、リカバリー作業です。

屋根に野地板をはる

リカバリーの作業と同時並行で、ログハウスも進んでます。屋根を貼っていきます。

屋根の横に板をはる

まずは屋根の左右に、板をはります。

一番右側(道路側)の梁の上に、片流れ屋根なんで、調整用にある板(赤矢印)を置きます。これがないと真っ直ぐに屋根の板を貼れません。

尚、写真で分かるように、壁もつけます。今までと同じように1段1段をクサビでとめているんだけど、段々と高くなるんで、徐々に大変な作業に!

屋根の上に野地板をはる

次に屋根の上に、野地板をはります。天井はもちろん高いんで、怖い作業です。特に我が家は片流れなんで、他の切妻(三角形)の屋根よりも高いです。しかもパパリンは高いところが苦手です。恐る恐るの作業です。

せっかく野地板を貼ったのに、隙間があいちゃって、やり直しもしたよ。でもなんとかできました( `ー´)ノ

パパ

屋根での作業は高いから、脚立が必須なのに、ログハウスを建てる地面が凹凸ありすぎて、脚立がグラグラで、危なっかしい。しょうがないんで、どっしりとした脚立を買うことに。DIYは安全第一で!

安全第一で、作業頑張ります!

スポンサーリンク