親和工業さんのログハウスをDIYで建てているんだけど、いろいろやらかしてました。まぁ、素人だし。ってことで、何度も慌てて親和工業さんにヘルプの電話を入れることに。ってことで、今回は失敗集とリカバリー方法です(”ω”)ノ

尚、親和工業さんのログハウスには説明書があるんだけど、ぶっちゃけ分かりづらい。そりゃー、大工さんなんかだと分かるだろうけど、素人にはハードル高すぎるし、不親切ですわ。これから建てる人は、そこは気を付けてね!

忘れていた柱と土台のビス留めをしたら、ビスが折れる!

勢いで建てていたら、柱と土台のビス止めを忘れていることが判明!ビス留をやるが、なぜかビスが折れる、折れる(>_<)

なぜだ?と調べてみたら、なんとビスを間違えていた!だから、折れまくったんだね。納得。

対処として、正しいビスを真ん中に打ち、折れたビスをとりました。正しいビスでは、全く折れませんでした。みなさん、ビス、間違えないでね(”ω”)ノ

土台と柱に隙間ができていた(柱が浮いた)

柱を建てて翌々日に確認したら、土台と柱に隙間が(赤矢印ね)!5mmくらいは余裕で浮いてます(@_@;)

親和工業さんに電話で聞くと、

電話おじさん

体重の重い人に柱に乗ってもらって、直してください。それでもダメなら、薄い板をかませてください

パパリン1人での作業だけど、とりあえず柱に乗ってみる。が、やはりダメ。しょうがないんで、2.5mmと5mmの薄いベニヤ板を間にかませることに。

柱に入れるコーキング剤が、屋根のアスファルトシングル用のセメントだった!

なんで柱が浮いちゃったのか?後に原因が判明。なんと土台の穴にコーキング剤を入れて柱を建てたんだけど、それがコーキング剤じゃなかった!屋根のアスファルトシングル用のセメントでした(>_<)

対処としては

  • 柱の隙間にかますベニヤ板と一緒に、正しいコーキング剤を注入する
  • 外にあふれ出たコーキング剤(写真の黒)を拭く
パパ

コーキング剤もシーリング剤も、隙間を埋めるためのモノだから、(たぶん)大丈夫!

アスファルトシングルのセメントが足りない?

屋根に使うアスファルトシングルのセメントを、柱に使ってしまったために、本当は計3本あったのに、残りは1.5本に。これでは足りないのでは?と心配になり、ホームセンターに電話したり、アマゾンをググってみるが、あまり売っていないし、これで良いか、わからない。

再びヘルプの電話をすると、

電話おじさん

屋根につけるときに薄く塗れば、大丈夫です。もともと屋根の部材に接着剤はついてますから

よかった、注文しなくて(*´ω`)

ちなみにコーキング剤のミスを話したら、サラッと流されたから、たぶん大丈夫なんだろう、うん。

屋根を貼ったら、ログハウス室内から空が見えた!

屋根を貼るのは、高い場所なんで、作業が怖いし、大変。でもそれでも頑張って板をはったのに、ふと見てみたら、なんと隙間が!ログハウス室内から、しっかりとお空が見えてました。

しょうがないんで、打ち付けたビスを外して板を外し、直しました。ふ~

屋根を全面貼ったら、降りられなくなった!

屋根に昇り、全面に貼ったら、降りられなくなった!今までログハウス内の窓枠から、屋根の梁のところに足をかけて、屋根に上っていたんだけど、全面が屋根になったんで、そうやって降りられなくなったんです。

その対策に脚立を用意していたんだけど、脚立を置いている地面が凸凹だから、脚立がグラグラで、危ないったら、ありゃしない(;´Д`)(※私がいれば脚立を抑えらたから、降りられたんだけどね)

20分ほど、屋根の上で、パパリンは右往左往。人が通れば助けを呼べたのに、あいにく人が通らない。しょうがないんで、最終的には窓の部分は壁がないから、そこから腕の力を使って、室内から無事に着地。ご苦労様です<m(__)m>

壁を固定する楔が途中から入らない上に、抜けない!

壁を1段1段固定するのに、クサビを打ち込むんだけど、それが途中から入らなくなった!しかも抜けない。しょうがないんで、クサビを途中で切りました。

部品が足りない!

ここからはパパリンのミスではなく、親和工業さんのミス。

届いた荷物の中の中に、足りない部品がありました。片流れ屋根だから、傾斜をつける板が必要なのに、それがなくて、パパリンが一通り確認して、電話すると、慌てて宅急便で送られてきました。

屋根の出が左右で違う!

屋根の出が、左右で違っちゃった!

左は出っ張ってるのに 右は出っ張ってない!

これは親和工業さんの設計ミス。コチラの写真を見て、わかるかな?赤矢印の木の板は、青矢印の板よりも高さが高いんですよ。高さが違うんです。

この上に天井の板をはるんだけど、”そういう仕様なんだろうな~”と思って、高さの違うところに板が重ならないように貼ったんですよ。で、その結果、右と左で屋根の出っ張りが違っちゃいました。トホホ(>_<)

ちなみにこの仕様は、メーカーさんの設計ミス。本当は下記のように、赤矢印の板も、青矢印の板も高さがフラットじゃないと、天井の板を平らに貼れないからね。

パパリンも途中で気が付いたけど、天井は板をはるのも大変なんで、そのまま続行。で、こうなりました。天井の板が梁よりも短いわけではないから、まぁ、いいよね(。-`ω-)

雨が降ると、大変!

これは天候なんで、どうしようもないんだけど、雨が降ると大変です。我が家の場合は、2日目に雨が降りました。もちろん屋根なんて、ありません。全て濡れます。

しょうがないんで、屋根の部分にブルーシートをかぶせたけど、たるんでいるとそこに雨が貯まるんで、パパリンは夜中だろうが、雨を抜きに行ってくれました。お疲れ様です<m(__)m>

そのおかげで翌日、お日様の力で乾いてくれて、特に板とか柱とか、歪んだりはしなかったので、よかった(´▽`) ホッ。他の人のブログを見ると台風直撃だったり、長雨だったり、はたまた大雪のせいで、歪んだとかあったからね。

組み立てていない部材も、ブルーシートをかけておいたよ。

晴れてからCheckしたら、一番下の板だけが濡れていたけど、他はセーフ。板も乾かしたら、大丈夫だったよ。ブルーシートは必需品ですな。

まとめ

DIYで建てているんで、トラブルはつきものです。どうやって作るのかと一緒に、どうやって直すかまでを、学べてます。そうやってコツコツと建ててます( `ー´)ノ

スポンサーリンク