将来プログラミング教室が開くために、家の家の裏側の空き地に6畳ほどの可愛いログハウスを建てる予定です♡

基礎工事は自分でやり、ログハウスも親和工業さんのログハウスキットをDIYで組み立てます(”ω”)ノ

ササの根取りに奮闘!

ログハウスを建てる場所は、お家の裏側の空いた場所。ココ、以前は大家さんが畑をやっていたらしいけど、それいつだろ?ってくらい、今はもう笹が生えまくっておりまする…。

除草剤は使いたくないなぁ…

ササの根は根っこが深いんですよ。しかも奴ら、やたらと丈夫。そんな厄介なのがビッチリ生えちゃっているわけです。

一番楽なのは、ずばり除草剤を撒くこと!いくら丈夫なササの根でも、ラウンドアップなら、枯れてくれます。でも体への悪影響が気になる

だって、丈夫なササを枯らせちゃうんだもん。やっぱり環境に悪いわけで、人体への影響も怖いわけです。特に我が家は小さい娘と愛犬ちゃんもいるしね。だから除草剤は使わないで、パパリンが地道に掘ってとることに!!

尚、ユンボで地面を掘るっていうのも選択肢としてあったけど、我が家はユンボなんて持っていません。レンタルすると、いくらかかるかわからないから、あえなく却下!

タケノコ掘り鍬を使うと、ササの根をとりやすい!

最初パパリンは、剣先スコップや四本鍬、三角ホーで、ササと格闘してました。が、あまりにも大変。ササがしっかり根を張ってくれちゃっていて、マジで困りもんなんです。

そんな時、「タケノコ掘り鍬を使ったら??」という、K原さんからの神のごときアドバイスが!で、タケノコ掘り鍬を使ってみたら、これがアタリ!とりやすい!!

実際にやって分かったタケノコ掘り鍬でのササの根のとり方
  1. ササの根が張っている40-50cmくらいの深さまで耕して、ザクッザクッとササの根を切る
  2. 切った根をレーキを使って除去する

ポイントは、地面の奥深くまでタケノコ堀り鍬を振り下ろすこと!これで随分スピードアップしたよ( `ー´)ノ

そして1週間、毎日1.5時間ほどパパリンが頑張り、ようやくほぼササの根がとれました!

端は除草剤かな…?

ただ端っこだけは、この状態です。だって、端は高さ1m程もある石垣で、端のササを獲ろうとタケノコ堀り鍬でやってみたら、石が崩れそうになったんだもん( ゚Д゚)…端だけは、嫌だけど、除草剤を使うしかないかな…

基礎工事をどうやろう?

さて、場所の確保ができたので、お次はログハウスの基礎工事!ここで基礎工事といっても、ネットや本で調べると、いろいろなやり方があるんですよ。

親和工業さんからもらった「基礎のつくり方」では、集水マスを独立基礎として使う方法。が、コンクリートを使う量が結構増えそうで、捏ねるのも大変そうだから、却下。

どうしよう…。パパリン、半月ほどは悶々と悩みに、悩む。ホームセンターで手頃な大きさピンコロ石を見つけのが決め手になり、決めた!

ピンコロ石を基礎石にした独立基礎をつくって、その後にケミカルセッターでアンカーボルトを固定するという方法にするぞ!!

必要な材料の買い出し

基礎工事に必要な材料

  • 基礎石(ピンコロ)200mm x 200mm x 200mm 6個
  • 杭 12本
  • 杉板 2000mm 10本
  • インスタントコンクリート 25kg 6袋
  • 砂利(敷石) 20kg 10袋

基礎工事に必要な道具

  • 水糸 (※)
  • 水平器 (※)
  • かけや (※)
  • レーザー墨出し器 (※)
  • トロ舟
  • コテ (※)
  • 左官鍬
  • ゴム手袋 (※)
  • クランプ

今回は材料と(※)の道具を購入し、合計30,375円也。業者に頼むよりは、すごく安くできました♡このほとんどは、レーザー墨出し器です。基礎がいい加減だと後々で困るし、これからもいろいろ作るだろうと、今回買っちゃいました!(←竹棚作った時に痛い目にあったから)

ログハウスを建てる場所を確認!

さて、いよいよ基礎工事スタート!その前にまずは、6畳のログハウスを建てる場所を確認。間違えると、大変だからね。

ここでログハウスを建てる場所は道沿いで、横幅が狭いんですよ。屋根が出っ張るのが400mmなんで、道路側から700mmの場所に決定!まぁ、本音は道路からもっと離して建てたいけど、場所が狭い上に、反対側は1mほどの高さがある石垣だから、しょうがない。

基礎工事の準備!

場所が決まったんで、いよいよ基礎工事のスタート。まずは基礎石よりも広い場所に、グルリと高さを合わせた杉板をはって、位置と高さの確認用の水糸を準備していきます。

杭を打つ!

まずは杭を10本打つ。これは”かけや”を使って、えいや、えいや!。でもやってみて、実感。まっすぐに杭を打つって難しいね~。しかも石が多いから、打ちにくいったら、ありゃしない。でも何とか10本打ったよ!

杭に基準面の印をつける

ここで、レーザー墨出し器の登場!コレ、レーザーから360°の高さを出してくれる便利アイテムなんです。ただ真昼間にやってみたら、線が見えにくかったんで、夕方に。すると、この作業は10分くらいでできたよ。ビバ、レーザー墨出し器!

パパ

バケツとホースを使って基準面を出している人もいるけど、大変だよ。レーザーは使いやすいから、おすすめだよ

基準面に杉板を貼る!

杭につけた基準面にあわせて、いよいよ杉板を貼っていきます。パパリン1人での作業だから、クランプで板を抑えながら、やったよ。が、杭が真っ直ぐでなかったようで、見事に杉板がゆがんじゃった。

でもそれでも、とりあえず1週をぐるりと貼ったよ!

水糸を貼る

次に杉板に水糸を貼っていきます。水糸も、もちろん重要!要の基礎石の位置と高さの調整に使うからね!

今回四隅に基準となる糸を張って、この糸に対して直角三角形の3:4:5となるように印をつけて直角となるよう調整したよ。

基礎石を埋める!

次に基礎石地面に埋めていきます。

穴を掘る!

基礎石を埋めるために、スコップで穴を掘っていきます。基礎石が200mmだから、余裕をもって400mmで、深さも400mmほどの穴を6つ掘りました。

タンパーで砂利を固める!

掘った穴に砂利を敷いて、タンパーでトントンと固めました。ただ穴が深すぎて、砂利が多めになっちゃった。ちなみにタンパーは重いんで、結構腰にくるから、注意してね!

ちなみにタンパーは買うと高いんで、自作したよ。ただタンパーが大きくて穴に入らず、穴を広げることになったけどね。で、砂利が足りなくなり、急遽買い足したよ(”ω”)ノ

コンクリートを練って、基礎石を設置!

コンクリートを練って、基準の高さに合わせて、基礎石を設置していきます。ちなみにココだけは、私も水糸を貼ったり、水を汲んだりして、パパリンに飲み物の差し入れをしたりと、お手伝いしたよ!意外に役立ったのだ(`・∀・´)エッヘン!!

こちらが使った道具たち。基礎石は水に浸してから、使ったよ!

コンクリートを練る

トロブネにコンクリとお水を入れて、左官鍬で練る。ひたすら練る。そうすると、コンクリが徐々に滑らかになっていくのです。ただこれ、水の調整が難しい。水がちょっとでも多いと、ゆるゆるになるし、少ないと固くなっちゃうのです。

しかもこの作業は、重いから、腰にくるし、腕にくる。私もやったけど、すぐに腕が痛くなったよ。ちなみにパパリンは、バーベキューコンロを作るときにモルタルは練ったけど、コンクリは初めて。予想よりは重くないとのこと。(すごい、私はすぐに戦力外通告だったのに)

またコンクリは水を加えるだけの、インスタントコンクリを使いました。基礎石を設置しながら量を加減してみたけど、だいたい1つの穴に1袋を使ったよ。

コンクリの上に基礎石を設置!

練ったコンクリを穴にドボドボと入れて、その上に基礎石を置いて、水糸で基礎石の位置と高さを確認。高さが足りないようならコンクリを足して、高いときはグリグリと押し付けて、高さ調整したよ!

その後は、水平器で確認を。縦と横が水平になるように、基礎石を押し付けたり、コテを使ったりして、微調整したよ。コレ、手抜きするとログハウスが心配だから、念入りにやりました。尚、使った水平器は、縦と横が両方測れる優れものデス。

これを6つの穴、全てやったよ。

この状態で、コンクリが乾くまで、翌日まで放置。ただこの後に雨が降って来たんで、急遽ビニールシートをかぶせました。雨が降らない日にやるのが、マジで良いよ。濡れてないか、ヒヤヒヤもんだったからね。

翌日確認したら、沈んでいた!

翌日に確認すると、基礎石の重みで、若干コンクリが沈んでいました。まぁ、作業中にコンクリが固まりだしたら、沈んでいたから、”やっぱりな~”って感じです。

しかも練ったコンクリートの粘度によって、沈む深さが変わっちゃうのが、難しい。

でも基準線からの高さを測ってみると、

(1, 2, 3, 4, 5, 6) = (-2, -6, -3, -2, -1, -5) [単位:mm]

だから、平均では-3.3mm。最大は-6mmでも、±3mm以下だから、初めてにしては上出来

土を埋める

最後に穴に土をうめて、これで基礎工事が完成。今回は5日で終わったよ\(^o^)/パパリン、本当にお疲れ様!!

この次に、基礎石6個にドリルで穴をあけて、ケミカルセッターでアンカーボルトを固定し、それでログハウスの丸太を固定するよ。

尚、アンカーボルトは、親和工業さんにお願いしたんで、これはログハウスが届いたときにやります。ってことで、後はログハウスキットが届くのを待つのみ!

基礎工事のまとめ

基礎工事は基礎石での独立基礎にしたよ。素人にしては、上出来で満足です(●´ω`●)ログハウスが届くのが、楽しみ~♡パパリン、本当にお疲れ様!

ただ反省点としては、以下の2つ。これから基礎工事をやる人は、注意してね(”ω”)ノ

  • 杭が真っ直ぐじゃないから、杉板をはるときに歪んでしまった
  • コンクリを練る時の水分調整が難しくて、ばらついて、基礎石の沈む深さがマチマチになった

スポンサーリンク