田舎に移住した我が家はなんと竹林付き!最初は竹林付きに喜んだけど、そんなのは一瞬で吹っ飛びました。タケノコは生えるけど、生えすぎて、獲るのが大変。しかも竹林の管理は大変!

切った竹もいっぱいになって、置き場所に困る(*´Д`)ってことで、薪棚ならぬ、竹棚を作ることに!!

必要な材料&道具の買い出し

最初に構想を練って、だいたい決める。もちろん作りながら、その都度に変更し、最終的に作った図面がコチラ( `ー´)ノ

竹棚の材料

  • 木材
  • 土台6つ
  • ペンキ
  • ポリカ屋根
  • 砂利
  • ビス

竹棚づくりの道具

  • クランプ
  • バケツ
  • ペンキ用のハケ&バケツ
  • 電動ドライバーやドリルのセット
  • ポリカ用のカッター

木材のペンキ塗り

まずは木材のペンキ塗り。屋外に置くものだから、ペンキを塗った方が長持ちするらしい。ちなみにコレ、大雑把な私が担当。しかも人生初塗り!不安もあるが、作業着を着て、チャレンジ!!ペンキはコチラを使用。

こちらが竹棚材料(この他にも屋根の分もあるよ(”ω”)ノ)

お庭にブルーシートを敷いて、竹を置いて、その上に木材を並べて、ペンキを塗る!1面塗ったら乾かしつつ、4面全てを塗る!

これね~、楽しい!塗るのって、楽しいし、気持ちいいね~。もちろん素人なんで、こんな風に液だれもしちゃったけどね。でも漆喰を塗っている時にも思ったけど、塗っている間は細かいことが気になっちゃうけど、出来上がってみれば意外に気にならないもんさ!(←大雑把)

ペンキは2度塗りでやったよ!

ペンキは2度塗りね。1回目を塗った時、やたら濃淡がでちゃって、色むらがはっきり。さすがの私でも、”大丈夫か、コレ?”って思うほどだったけど、2度塗りしてみたら、アラ、不思議。いい感じに。ペンキは2度塗りっていうけど、納得ですわ。下地のペンキがあると、2度目がムラなく塗れるのかなぁ?(それでもムラいっぱいだけど)

その後もひたすら塗る!

ペンキ塗り後は、乾かす!

ようやく2度塗りが終わった~。後は乾かす!

翌日に見てみたら、いい感じに♪うん、いい色!乾くと雰囲気変わるもんだね~。大雑把な私でも、結構いい感じにできました(*^^)v

愛犬

この後に屋根の分のペンキ塗りをしていたら、雨が降ってきちゃったから、中断したことがあるよ。だから、ペンキ塗りは晴れた日にやるのがいいよ!

基礎づくり

スペース確保し、石を撒く

まずは置いてあった木をどかし、スペース確保!そこに石を撒きました。ちなみに石は、お庭のグランドカバーのクラピアを育てるためにどけたやつを使用。

砂利と砂を撒いて、土台を置く!

買ってきた水平を取るための砂利を敷いて、その上に砂をまく。そしてその上に土台を置く。

が、あー、土台の場所を間違えた(+o+)枠組みも既に作っちゃったから、それにあわせないと!!ってことで、慌てて、砂利の場所を移し、土台も動かす。

水平器で確認しながら、水平をとる!

水平器で確認しながら、水平をとる!!コレ、私に割り当てられた作業。文字で書くと簡単。が、実際にやると、大変!だって、横を水平にとると、縦が水平じゃない。砂利や石で調整するが、全然うまくできん。むー<(`^´)>ってことで、中断(←飽きっぽい私)

その後、枠組みをできたんで、載せてみたら、アラ、意外にいい感じ♪ってことで、そのまま砂と砂利をいじりながら、微調整のみをして、終了―――(←適当すぎ)。

基礎を適当にやったせいで、その後に屋根付けようとしたら、歪んでいたりで、まぁ、当然のごとく、しっぺ返しをくらいました(パパリンごめんなさい<m(__)m>)。皆さん、基礎作り、手を抜かないでね(”ω”)ノ

竹棚づくり

棚の枠組を作る!

基礎作りと同時並行でやったのが、枠組み作り。これを土台にしていきます。コレね、木材が結構硬いんで、電動ドライバーでやりました。もちろんパパリン担当です。私もやってみたけど、固くて全然釘が入っていかなくて、直ぐに断念。難しいもんですな。

こうやって棚組みしたよ。すべて板の長さを確認ながら、作業したから、2人での作業がおすすめ!我が家は3歳のヤンチャ娘が起きていたら、一人は子守だけど、この時はお昼寝中♡なんで、その隙にパパリンと2人でやりました(”ω”)ノ

上に同じのをもう一つ作って、よし、できた!棚は2段なんですわ。

起こすと、こんな感じ。棚っぽいでしょ?

土台に載せて、釘を打つ!

作った枠組みを基礎の土台に載せて、電動ドライバーで土台に釘をうつ!!でも実は壁側(奥ね)はスペースがなくて、電動ドライバーが入らなくて、釘は手前側しかやってません。でも大丈夫!…なハズ。(※私が基礎作りに手を抜いたので、一抹の不安あり。それでも作ってから1年間は無事だよ)。

次は竹棚の屋根作り!

屋根の枠組み作り

ここまで作って、新たな問題発生!ココ、雪が降る(多いと積雪60~70cm)から、屋根に勾配をつける予定なんですよ。でもね、そうすると、こうなって、斜めに板を置いたら、隙間が発生して、釘がまっすぐに打てない!(※イメージ図ね。絵心ないのは知っているから、突っ込まないで!!)

で、悩んだ結果、パパリンがやったのが、コチラ。まずは横の木材をあて、クランプで挟みながら、いい位置に調整。ちなみに奥側も同じことをやったけど、基礎がダメダメなんで、斜めだったらしく、木材の長さが合わずに切って調整(ごめんよ、パパリン)。

位置調整したら、釘を打つ!…が、木材が固くて、電動ドライバーでも入らない!!で、電動ドリルで穴をあけ、手動でねじ止め。

位置調整しながら、ネジを打つ!

次に奥側も同じように木材を横に通し、ネジうち(赤矢印)。その後、前側のごちゃごちゃを隠すために、手前にも木材を当てて、ネジうち(青矢印)。尚、斜めに渡した木材(緑矢印)は、ネジうちをしてないよ。

横側もごちゃごちゃを隠すために、板でお化粧。その後、上側にも板を2枚置いて、さっきの斜めの板(緑矢印)の板と打ち付ける。

上の屋根の枠組みを外すと、こんな感じ。

外した屋根の枠組み。これだとポリカがつけやすいよ!

ポリカ屋根をつける

できた屋根の枠組みに、さっそくポリカをつける!

ポリカが長いので、こちらのポリカ専用のカッターで切る。ビスもそれ用を使用。

屋根の長さにカットして、ビス打ち。これは電動ドリルで穴を開けて、手動でネジ止めしたよ。よし、屋根ができた!!

屋根を竹棚の上に載せて、無事完成!

作った屋根を竹棚の上に乗せて、無事完成♡やったーヾ(*´∀`*)ノ

正面から見るとこんな感じ。

2段あるんで、長い竹も置く。竹もいっぱい収納できて、大満足(*’▽’)

基礎は大変だったけど、でもやっぱりDIYは楽しい。自分の手で塗ったり、作ったりして、欲しいものが作れるのは、楽しいね(*´∀`*)

現在パパリンが使っているのは、こちらの電動ドライバー。ドリルもついてし、充電式で使いやすいけど、釘打ちだと、押し付ける力が弱いのが弱点。

DIYやるなら、インパクトドライバーがあると良いよ!我が家も、そろそろ買わないとな~

この後に、室内の収納棚を作ったよ。この棚のおかげでゴチャゴチャ荷物がスッキリして、超快適!

スポンサーリンク